レバノンの首都ベイルートで起こった大爆発への国際的支援

レバノンの首都ベイルートでの8月4日の爆発事故により、国際的な支援が緊急に必要とされていますが、各国は援助を拡大するためにレバノンの政治改革を実施することを要求しており、最大の標的シーア派武装組織ヒズボラは悲惨な状況にあります。 シーア派内では支持者が疎遠になり、米国の制裁によりイランの支持力が弱まっている。

この爆発は、ベイルート港の倉庫に保管されていた2750トンの硝酸アンモニウムに点火したことによるものですが、単純な事故として却下できるかどうかは不明です。 177人の死者と6,000人の負傷者に加えて、30万人が家を失いました。 レバノン政府の要請により、米国連邦捜査局(FBI)の調査チームが現場に参入し、調査を開始しています。

爆発直後、市民のプールに蓄積されていた支配階級への不満が爆発した。 政府は、危険な爆発物が蔓延と汚職のために政府にだらしなく保管され、災害を引き起こしたという怒りに満ちていた。 レバノンは18の宗派が混在するモザイク国家であるため、権力の共有は慣例として継続されています。 そのままでは、利害の分断につながり、汚職は上から下へと深く広がっていきます。

たとえば、大統領はクリスチャンマロナイト、首相はイスラムスンニ派、議会議長はイスラムシーア派、副議長はギリシャ正教会となることが決定されました。 その中でも、人口比率が最も高いシーア派ヒズボラは、イランの圧倒的な軍事力を背景に、レバノンの「影の支配者」として国を支配してきました。 「全国の誰もがそれが譲歩グループの1つであることを認めています」(ベイルートの情報源)。

爆発の場所であるベイルートの港は、密輸のために各派閥によって使用される主要な利益の1つです。 私がベイルートに住んでいた時でも、ローヤルサルートのような密輸された高級酒は通常価格の約3分の1で公然と売られていました。 もちろん味は同じです。 とにかく、ヒズボラはイランからの武器を密輸するためにそれを使用して、港の利益の最大の所有者であると言われています。

しかし、ヒズボラの指導者、サイード・ハッサン・ナスララは、爆発後の演説への関与を否定し、「私たちは港に存在しない」と述べ、大衆を笑い、怒らせた。 爆発後、市内中心部の殉教者広場での反政府デモでは、ヒズボラに対する前例のない憎悪が渦巻く、首にロープを掛けたナスララ氏の等身大の遺物も取り上げられました。 強調表示されました。 地元メディアによると、一部のヒズボラ支持者は組織を愛し始めています。

国連を中心にレバノンでは500億円の支援が始まっていますが、復興には1.5兆円以上が必要であり、このレベルでは焼けた石に水が溜まっています。 しかし、爆発の現場に入ったフランスのエマニュエル・マクロン大統領と米国務長官のエマニュエル・マクロンは、「政治改革がなければ、追加の支援はない」と規定し、レバノン政府は利益を割り当て、汚職を阻止し、「国家としての支配」。 「復旧」をお願いしました。

米国とフランスの目的は、ヒズボラの政治的影響力を減らすことであり、これは事実上の援助交換条件です。 しかし、ヒズボラはもはや単なる武装組織ではありません。 12人の議員を2人の大臣と国会に派遣する政治組織であり、米国とフランスの要求はまったく飲み込まれない。 しかし、それを拒否した場合、国際的な支援を受けることができなくなり、国民の批判が強まる。 それは大きなジレンマであり、「設立以来最大の危機」に直面していると言えます(上記と同じ)。

おすすめの記事