国際社会からの反対を無視して香港の住民を圧迫する中国政府

7月31日、新しいコロナウイルスのため、9月6日に予定されていた立法選挙を1年間延期することが決定されました。 私はそれが難しすぎて暴力的であると言わなければなりません。 さらに、それが一年延期されるという事実は、民主化を抑制するという政治的意図と決意にのみ起因することができます。 コロナウイルスは言い訳であり、細心の注意が払われていません。 民主党は9月の選挙に向けて着実に準備を進めていたが、7月30日、香港政府は少なくとも12人の民主党候補者を2020年の立法選挙に立候補する資格を剥奪する措置を講じた。 ..あなたの立候補を奪うこと自体が非民主的です。

香港の警察は、8月1日までに国家安全保障法違反の疑いで6人の民主党活動家が英国、ドイツ、米国に滞在することを望んでいた。香港に入るとすぐに逮捕される。 これも難しい対策です。 英国、米国、フランスなどが身柄引き渡し条約を一時停止するのには理由があります(日本は米国と韓国とのみ身柄引き渡し条約に署名しています)。 将来、香港で外国人が逮捕されると大きな問題になります。

8月10日、香港民主新聞「蘋果日報」を発行するメディアグループの創設者である黎智英氏と、2014年の民主化運動「雨笠運動」のリーダーとして有名な周庭氏10人を含む(「民主の女神」としても知られている)は、国家保安法に違反した疑いで逮捕された。

香港によるこれらの一連の措置は、1984年の英中協定に違反しています。 これは、中国の国際的なコミットメント、国際法の無視、および国際法に対する恣意性を示しています。 それが国際社会の不信感を高めるのは当然のことです。 国際社会の良きメンバーとしての資格も問われます。 政権は、少なくとも2047年までは、英中合意に従うべきである。 北京が香港の手続きをスキップし、香港国家安全保障法を直接制定する場合、当事者の1つである英国がアプローチする必要があります。 すべてが国際基準を満たしているわけではありません。

いずれにせよ、香港問題は一線を越え、新たな段階に移行しました。 国際社会は中国に追い抜かれています。 トランプの無関心など、米国の対応にはさまざまな問題がありました。 最近、香港や新疆ウイグル自治区などの人権問題にさまざまな制裁を課し、大声で発言しているが(主にポンペオ)、少し遅れて敗北する。 確立された事実はすでに完了しています。 これからできることは、事後も中国へのコストを上げることだけです。 しかし、香港自治法に基づく米国による香港との貿易の優遇措置の撤回は、中国と香港にとって苦痛な措置となるため、その運用には細心の注意を払いたいと思います。 香港の北京に対する経済的重要性が以前よりも低いという事実も、今回の北京の強硬な対応を促進する可能性があります。

8月2日付けのウォールストリートジャーナルの社説は、米国は香港の居住者に永住権を与えるべきであると主張しています。 これは重要な提案です。 この時点に達した今、私たちは静かに必要な措置を講じるべきです。 日本はまた、香港における有能な人材の定住を受け入れるべきである。

おすすめの記事