全く成功しない政府のIT戦略。

7月に閣議決定された「経済財政運営基本政策(強力政策)」では、デジタル政府の構築が「一丁目一番の最優先政策課題」として位置づけられ、行政の電子化が強調され、それを宣言した。 しかし、政府のIT戦略が政府のデジタル化に焦点を合わせたのはこれが初めてではありません。

例えば、2000年に政府は「申請手続きのデジタル化」を優先事項としてe-Japan戦略を策定した。 2006年に発足した新たなIT改革戦略では、「世界で最も便利で効率的な電子行政」として、2010年までにさまざまな行政手続き(さまざまなサービスを1つの手続きで受けられる環境)のワンストップを実現します。目標として設定されました。

2013年に内閣で承認された世界最先端のIT国家創造宣言は、2020年までに公​​共サービスをワンストップで享受できるIT活用社会の実現を目標としています。

しかし、新しいコロナ対策として一人当たり10万円の特別定額の支払いの手間を見ると、e-Japan戦略の目標であった簡単な申請手続きもワンストップはもちろん、デジタル化されました。 進んでいないことが明らかになりました。

郵送だけでなく、定額給付のオンライン申請も受け付けましたが、申請内容を人目で確認する必要があり、時間のかかるなどのビジネス上の問題が露呈し、100以上の地方自治体がオンラインでの受け入れを停止しました。

政府のIT戦略が何度提起されても成功しなかった理由の1つは、本質的には政府機関の事業改革と組織改革の手段であるにもかかわらず、ITをどのように変えるかということです。 トップは壮大なデザインを示していませんでした。 一方で、この分野は事業の変化に抵抗する傾向があり、手段であったITを繰り返し狙っています。

では、グランドデザインとは何ですか? 例えば、地方自治体の場合、「予算執行状況からごみ収集状況まで、地方自治体の現状をリアルタイムで可視化し、行政問題を市民と共有し、そして市民参加型行政に変身する」と語った。 正しい。 それに加えて、デジタル技術は、それらを実現するために必要な組織改革とビジネス改革を実行する手段として使用されるべきです。

これはデジタル政府を超えています。 2019年末から始まっているGIGAスクールコンセプト(学校教育のIT化)では、「ICT環境の改善は目的ではなく手段である」と述べていますが、現在は「1つ」を実現する手段です。各子供学生のためのコンピュータ」。 前面に出てきました。

同じことが企業にも当てはまります。 最近人気のキーワードであるデジタルトランスフォーメーション(DX)は、ITを活用したビジネストランスフォーメーションと組織改革に他なりません。 ビジネスや組織を変えることなくITのみを組み込むことは、単なるデジタルフォーメーションであり、本質的な「変革」が欠けています。

おすすめの記事