令和の時代の経済安全保障

経済安全保障という用語が一般的に使用され始めています。 戦後、国会の予算委員会やマスコミでは、安全保障問題は常に話題でしたが、経済界や一般市民は、戦後の復興に一貫して関心を持っていました。 自由主義の領域に参加することを許された日本人の努力は報われ、1960年代には早くもドイツ、イギリス、フランスの経済規模を超えて高い経済成長を遂げました。 出生率が低下し、人口が高齢化する21世紀の今日でも、日本は米国、中国に次ぐ世界第3位の経済大国です。

冷戦時代、多くの日本人は日米同盟の厚いコーティングが日本の安全を確保したという現実を見ていませんでした。 日本経済の繁栄が日米同盟の温室に咲いた大きな花だとは知りませんでした。 しかし、温室の外では、厳しい冷戦の冷たい風が吹き続けました。 北海道の陸空自衛隊はソ連の軍事的圧力が大きいと感じていたが、ソ連の経済的プレゼンスは日本経済にとって小さすぎ、ソ連との対立とソビエトの消滅連合はとても反響しました。 場所がありませんでした。 経済と安全保障は別の側面として認識されていました。

アメリカ合衆国の姿勢は、明らかに反中国

1970年代に米中関係の正常化が確立されたとき、世界の戦略的均衡は劇的に変化し、中国は西側と協力し始めた。 日本は中国の発展に大きく貢献してきました。 天安門事件後も、日本が主導権を握って中国を西に引き戻した。 天皇陛下の訪中の実現に加えて、日本は中国の世界貿易機関(WTO)への加盟に熱心に取り組んだ。 「中国はいつか日本のようになる」と誰も信じたり疑ったりしませんでした。

しかし、21世紀になると、中国の国力が急上昇し、中国は変化しました。 すでに中国の経済力は日本の約3倍であり、米国の約70%に達している。 中国の軍事費は日本の4倍以上です。 パンダはトラとドラゴンになりました。 南シナ海、フィリピンのスカボロー礁、日本の尖閣諸島では、彼は自分の力を誇示してそれを使うことを躊躇しませんでした。 香港の自由も崩壊しようとしています。 中国は現在、旧バージョンの清帝国を復活させようとしているようです。

この時点で、米国は中国の動きに激しく反対している。 彼は、戦後75年にわたって米国が築き上げてきたパックス・アメリカーナへの挑戦として、中国が望んでいた新しいアジアの秩序を受け入れた。 それは、米国と中国の間の競争の時代の始まりです。 ペンタゴンだけでなく、多くの米国企業は現在、知的財産の問題を含め、競合他社の不正について不平を言っています。 米国の振り子は反中国に揺れました。 バイデンが社長になっても、この傾向は変わらない。

おすすめの記事