菅新政権は、北方領土交渉ができるのか?

新政権は、主要な外交上の懸念である北方領土の交渉をめぐって、旧内閣の方針を「2つの島を返還する」ように変更するのだろうか。

菅首相は自民党総裁選出直後の記者会見で、「四島の帰属を明らかにし、交渉を進めたい」と述べ、弾道を正す意向を示した。

旧安倍政権は、戦後の日本の一貫した要求を「四島返還」から「二島返還」へと大幅に変えたが、ロシア側は拒否の姿勢を崩さず、早期返還の目的を逃した。 私はドレスアップしています。

安倍首相は政策変更を見直すことなく辞任したが、新政権の出現は「四島返還」という当初の正当な要求に立ち返る絶好の機会となるだろう。

「4つの島の帰属を解決し、平和条約を結ぶ」

8月14日の夜、大統領選挙での勝利に興奮した記者会見が開かれた。 最後の質問は、勝利の原因の後の日露関係、国政管理への願望、党/大臣の人員、そして衆議院の解散の見通しでした。

菅首相は「安倍首相が両島返還政策を変更した。新大統領は四島帰属問題を解決し、平和条約交渉に進むよう主張した」と述べた。 。菅。 ご覧のとおり、4つの島に属するという問題を解決し、交渉を進めていきます。 「」

一方、菅氏は「外交は総合力だ。力を尽くして交渉を進めたい」と述べ、関係を維持している安倍首相に相談すると述べた。プーチン大統領との信頼関係。

菅氏自身は、その答えがどの程度準備されているかはわかりませんが、文字通りに考えると、2つの島を返還し、4つの島を返還するという方針を変えたと解釈できます。 ..

首相就任した16日夜の記者会見はわずか30分で終了し、問題はなかった。

一方、再任された茂木外相は、16日深夜の第1回閣議後の記者会見で、「1956年の共同宣言に基づき、平和条約交渉を加速する方向性がある。この基本方針。行きます」と述べ、菅首相との​​ニュアンスの違いを示した。

大きな間違いだった「2つの島の帰還」

7年8ヶ月続いた第二次安倍政権にとって、北方領土問題対策税制の変更は、厳しい意味で最大の政策ミスだったと言っても過言ではない。

安倍首相は、2018年秋にシンガポールでロシアのウラジーミル・プーチン大統領と会談した際、1956年の日ソ共同宣言に基づく領土交渉に合意した。

「共同宣言」は、両国間の戦争状況を終わらせ、外交関係と歯舞群島を正常化し、色丹島を日本に「配達」することを約束しているが、国後島と択後島の名前が含まれている。 不在。

この宣言に基づいて交渉を進めるということは、国後島の後、択後はあきらめて、指定された2つの島の返還のみを目指すということです。

安倍政権は、残りの2つの島を返還するよりも、日露の共同経済活動を通じて「実際の利益」を得る方がよいと計算したようだ。

しかし、よく知られているように、日本は、共同宣言の有無にかかわらず、戦後の四島の返還を一貫して要求することを国策としている。 これらの島々は、歴史的背景から見て、日本特有の領土であることは間違いありません。

旧ソ連は第二次世界大戦の終わりに日ソ中立条約を無視して日本に入った。 同月19日から9月5日までの8月15日の終戦後、彼は4つの島に侵入し、今日まで不法占拠を続けた。

国後島後の「合同宣言」に択後島名が含まれなかったのは残念でしたが、国連加盟を実現するためにはソ連との外交関係の回復を急ぐ必要があったため、交渉締結されました。 大変な決断でした。

一方、日本は、「宣言」と交換された公式文書に「領土問題を含む平和条約の交渉を継続する」という表現を明確に述べることに成功した。 歯舞群島と色丹島の日本への「配達」はすでに決まっているので、国後島と択後島以外の「領土問題」はあり得ない。

それに基づいて、日本は旧ソ連やロシアとの長く困難な交渉を続け、領土問題は解決したと不当で頑固な主張を繰り返した。 ソ連崩壊後の1993年(平成5)に、細川護煌首相とエリツィン大統領=当時、4つの島を特定し、帰属交渉を継続する「東京宣言」が発表された。 わかった。

おすすめの記事