米国大統領候補テレビディベート

今回のテーマは「米国大統領候補のテレビ討論の結果を決定する2つの要因」。 9月29日(現地時間、以下同じ)から10月22日まで、共和党の大統領候補ドナルド・トランプと元副大統領候補のジョー・バイデンの間で3回のテレビ討論が行われる。

各討論は90分続きます。 最初の討論の議題は、「トランプ大統領とバイデン前副大統領の業績」、「連邦最高裁判所の指名」、「新コロナウイルス」、「市の人種差別と暴動に対する抗議」、「大統領選挙の公平性」でした。そして「経済」。それぞれ15分が割り当てられています。トランプ候補とバイデン候補は、2分以内にモデレーターの質問に答えた後、議論を開始します。

言葉を交換することに加えて、テレビの議論はまた、候補者トランプとバイデンの両方の動き、ジェスチャー、スペースの使用に焦点を当てます。

そのため、本稿では、両候補の「言語コミュニケーション」と「非言語コミュニケーション」の2つの要素に焦点を当てて討論します。

言葉の交換

トランプ大統領は「チャイナカード」をカットし、バイデン氏を攻撃し、「バイデンが勝った場合、中国が勝つ」と述べた。 テレビの討論では、それを議論に含めることによって、激しい戦いの状態にある有権者に訴えることができます。

例えば、トランプ大統領は「今回の選挙は 『ペンシルベニア対中国』だ」、「今回の選挙は 『ミシガン対中国』だ」と述べ、激しい戦闘状態で失業するというメッセージを送った。 覚醒を高めることが可能です。

その後、彼はバイデン氏に「私たちが勝った場合はペンシルベニアが勝つ」そして「私たちが勝った場合はミシガンが勝つ」と主張して弾幕を発射します。

バイデン前副大統領は、「バイアメリカン法」が製造業を復活させ、労働者の数を500万人増やすと主張するでしょう。 「メイド・イン・チャイナ」ではなく「メイド・イン・アメリカ」を強調し、「問題を解決する」という中国に対する厳格な姿勢を示します(「バイデンはテレビの議論に勝つことができますか、100の選択のトランプ?」参照)。

トランプ氏は透明性を欠きながら、「バイデンは私のスローガン(メイド・イン・アメリカ)を使用している。彼の議題は 『メイド・イン・チャイナ』だ」と言うだろう。 激しい言葉のやり取りが予想されます。

次男ハンターの疑い

トランプ大統領は、テレビ討論でバイデン氏族を容赦なく攻撃する可能性があります。 言うまでもなく、ターゲットはバイデン氏の次男であるハンター氏です。

ビジネスマンのハンター氏は、ウクライナから3億ドル、中国から15億ドル、ロシアから350万ドルの不正な寄付を受け取りました。 トランプ大統領が追求する。 これらの主張は根拠がなく、一部の米国メディアはトランプ氏の寄付が誇張されていると報告しました。

さらに、トランプ氏は、2016年の米国大統領選挙で前オバマ政権がトランプ陣営をスパイしていると主張して、攻撃を折りたたむでしょう。 旧オバマ政権とバイデン氏族は腐敗していたと言いたい。

バイデン前副大統領は、オバマ政権によるスパイ行為に関しては「真実ではない」と却下するだろう。 しかし、バイデン氏にとって厄介な問題は、ハンター氏が父親の影響力を利用して不正な寄付をしたという申し立てです。 バイデンキャンプはハンター氏の個人的な問題であるため、キャンプから分離されました。

最初の妻、娘、長男を亡くしたバイデンさんは、家族を守りたいという強い思いを持った父親です。 トランプ大統領がハンター氏の主張を攻撃するとき、彼が父親の人道的なイメージを描くならば、バイデン氏は有権者を引き付けるかもしれません。 ただし、逆に理由を失うとマイナス要因になります。 このあたりでドラマが起こるかもしれません。

おすすめの記事