ドナルド・トランプ、補佐官との会談

米国の大手新聞社などの報道によると、補佐官との会談で、ドナルド・トランプ米大統領は、軍隊を派遣した「戒厳令」の下で大統領選挙をやり直すという意外な提案について話し合った。 明確になりました。 参謀長らが反対したとされている。 大統領は依然として敗北を拒否し、それを逆転させる方法を模索しているが、独裁政権のような方法への彼の関心は彼の心の状態にさえ疑問を呈し始めている。

トランプ大統領は、正式に大統領を選出する大統領選挙の投票(12月14日)で敗れた場合、11月26日にホワイトハウスを去るかどうか尋ねられ、「もちろん、そうする」と述べた。 選挙人票のバイデン。 彼(次期大統領)が敗北した場合、彼は敗北を認め、政権交代に対応する意向を明らかにする。

また、大統領は「バイデン政権」と述べ、一般調達局の政権への移行を認め、「選挙結果を最終的に受け入れた」と見られていた(米国メディア)。 この背後には、連邦最高裁判所を含むすべての法廷闘争が選挙結果を覆すことに失敗したこと、および州議会によって選挙人を選出して一般投票を無効にするという失敗した戦術がありました。 ..

しかし、12月にはそのような弱気な態度が一変し、14日に選挙人票を獲得したバイデン氏を祝福した共和党上院議員ミッチ・マコーネルに激怒し、強く反対した。 それ以来、ツイッターなどで「民主党に不正選挙が盗まれた」という主張を強めながら、コロナウイルスの蔓延など重要な問題が多いにもかかわらず、公務への取り組みはほとんど行われていない。 彼は週末のゴルフを除いて、ほとんど人前に出てこなかった。

ワシントンポスト紙などによると、トランプ大統領は一日中自分の宿舎で過ごし、一日中友人に電話したりツイートしたりしています。 補佐官の一人は、大統領が1月20日のバイデン氏の就任式の後、ホワイトハウスに残ることを漏らしたことを明らかにした。「大統領は怒っているが、彼が本当に何を意味していたのかわからない。 ” 彼は言った。

このような状況下で、問題の会議は12月18日の夜にホワイトハウスで開催されました。会議には大統領に加えて、メドウズスタッフチーフ、シポロン法務顧問、ジュラニ弁護士、不正選挙訴訟のパウエルが出席しましたチーム、および元国家安全保障問題担当補佐官フリン。 フリンはロシアで告発され有罪判決を受けたが、最近大統領から恩赦を受けた。

彼は先週、右翼ケーブルテレビ「ニュースマックス」に出演したとき、戒厳令を公布し、選挙を再開するために軍隊を派遣することを提案した。 新聞とニューヨークタイムズによると、トランプ大統領は会議で提案について彼に尋ねた。 しかし、ホワイトハウスの首席補佐官兼法律顧問のシポロンはそれに反対した。 大統領がどのように話したのかは不明です。

しかし、自由と民主主義の第一人者である米国大統領は、選挙を民営化する独裁政権などの「戒厳令」に基づく選挙に関心を持っていると言わざるを得ない。 ..大統領はまた、「不正選挙」の調査を監督するためにホワイトハウスで働く特別検察官としてパウエル氏を任命する意向を発表した。 彼は、Msに機密情報へのアクセスを許可するというアイデアを持ち出しました。

大統領は以前、バー司法長官に特別検察官の任命を要請していたが、バー氏は消極的であり、事実上大統領の要請を拒否した。 このため、大統領は不正選挙の容疑に同調しているパウエル氏に白い矢印を付けたようだ。 しかし、ホワイトハウスの首席補佐官と国務顧問のシポロンもこれに反対し、パウエル氏は強く反対し、激しい交流だったと言われました。

パウエル氏は、選挙で使用されたドミニオンの投票システムがバイデン氏を獲得するために設計されたという「陰謀説」を開発しました。 同社は、故ベネズエラのウゴ・チャベス大統領が設立に関与し、キューバや中国などの共産主義基金が選挙に大きな影響を与えたと主張している。 しかし、大統領補佐官もトランプ陣営の幹部も、この主張が「愚か」だとは信​​じていない。

会談では、大統領がドミニオンの投票制度を掌握するよう行政命令を出したとされるが、臭いがするフリンとパウエルが会議に参加し、議論に参加しているとのこと。 敗北を認めたくない大統領が精神的に動かされている兆候だ。

おすすめの記事