USA

トランプ大統領自身の恩赦の話題は熱くなっています。 その中で、主な焦点は「自己恩赦は許されるか」についての憲法論争にあります。 そして、バイデン大統領による「国家理論の統一」というより高い視点からの恩赦の賛否両論。

トランプ大統領が引退した後の全面的な刑事告発で、最初に浮かび上がったのは、前例のない「自己恩赦自己恩赦」が憲法であるか違憲であるかについての議論でした。

合衆国憲法は、「弾劾の場合を除いて、大統領は合衆国に対する違法行為に対して報復と恩赦を与える権限を持っている」の第2章第1条で大統領特権として「恩赦」を説明している。複数です)。

この規定に基づいて、違法行為の歴史的背景と信条の地位の共有のために、歴代の大統領が在任中に恩赦を発行することは半慣習となっています。 しかし、大統領は在任中に恩赦を出したことは一度もない。 それは本当に前代未聞です。

これは、特別検察官のロバート・ミューラーが2016年の米国大統領選挙へのロシアの介入の問題を追求していた2018年6月の事件へのトランプ氏の関与の疑いによって引き起こされました。 「大統領は起訴も召喚もされておらず、自己対応する権限を持っている」と私法弁護士のルドルフ・ジュリアーニは述べた。 トランプ氏はツイッターアカウントで「多くの法学者が言っているように、私には自己赦免の絶対的権利がある」と即座に答え、法学者を巻き込んだ憲法論争に火をつけた。 そうだった。

保守的なウォールストリートジャーナルは、ニクソン大統領(当時)がウォーターゲート事件で辞任を余儀なくされる直前の1974年に司法省の法務部が作成したメモの中で、今月2日にこの問題について書いた。 彼は、「彼らは自分の事件の裁判官になることはできない」という古い法令の下で自己恩赦を否定し、「大統領は、主題が他人であろうと自分自身であろうと、恩赦の特権を持っている」と指摘する。 「(元連邦検事のアンディ・マッカーシー)は両方の理論に取り上げられた。彼は次のような暫定理論さえ紹介している。「答えは明らかだ。 この質問に対する明確な答えは誰にもありません」(ハーバード大学アラン・ダーショウィッツ教授)。

しかし、右翼の雑誌「National Review」はさらに4日、「自己恩赦」は憲法であると主張し、ジョン・ユーカリフォルニア州立大学の法学教授の見解を紹介しました。

「憲法の文章を素直に読めば、大統領は自分も含めて誰にでも恩赦を与えることができるのは明らかだ。国の建国当時、憲法の起草者は3つの例外しかなかった。第一に、それは違反した。連邦法:それが犯す犯罪行為に限定され、州法の違反をカバーしていません、第二に連邦法の下での民事違反には適用されません、そして第三にそれは非難された場合です。他の制限はありません。大統領の恩赦の特権と連邦最高裁判所は決して新しい制限を課したことはありません。確かに、大統領が自己を許したことはありませんが、リチャード・ニクソンとジョージHWブッシュ大統領は在任中にその可能性を検討していました。憲法は、それが他の誰かであろうとあなた自身であろうと、これを禁止しています。私はできません

穏健なワシントンポスト紙は、水曜日に元米国法務次官補であるマイケル・ラティグ元法務次官補による鋭い反論を投稿し、申し立てに即座に対応した。 した:

「トランプ大統領が 『一部の学者も自己恩赦を認める』と言ったのは事実ですが、これらの学者は絶対に間違っています。大統領は憲法の下で自分自身を赦免します。権限はありません。そのような広範な恩赦特権が与えられた場合、憲法はそれをテキストに適切に含めていただろう、むしろ彼らはそのような強力な君主制を拒絶したが、それは民主共和国としての新しい国を設立することを意図していた。

特に、憲法の条項では、大統領に恩赦の特権を「付与する」という表現を使用しています。これは、ある人から別の人への「贈答」、「授与」、または「譲渡」を意味します。 それ自体を対象としたものではありません。 これは当時の起草者が正確に理解していたことであり、それが「付与」という言葉が実際に憲法全体で複数回使用された理由です。 「」

このように、「自己恩赦」の解釈は法律専門家によって2つに分けられているのは事実ですが、それでも憲法が意図する「恩赦」は自分自身ではなく第三者に「付与」されています。 それが行われることを意図した点は、むしろ法曹の多数意見です。

おすすめの記事