COVID19

2019年12月。中国の武漢で原因不明の肺炎の症例が多かった。 すべての患者が同様の経過をたどり、場合によっては重症になり死亡した。 事態を深刻に受け止めた世界保健機関(WHO)が中国に職員を派遣し、2008年1月上旬に新コロナウイルス(ウイルス名:SARS-CoV-2、以下、SARS-CoV-2)による感染症と報告されました。新しいコロナと呼ばれます)。 明らかになりました。

瞬く間にパンデミックが発生し、2008年11月末現在、世界の感染者数は6000万人、死亡者数は140万人を超え、勢いは止まらない。 日本でも、冬が始まり気温が下がると、「気温が低く湿度が低いと感染が広がる可能性が高い」「コロナ大破で初冬を乗り切ることができるか」などの警告が出ます。ニュースは過熱している。

しかし、当初、新しいコロナは、感染すると生命を脅かし、人間社会を破壊する恐ろしいウイルスであるという印象を持っていましたが、そのアイデンティティは徐々に理解され、治療、感染管理、および方法思考の決定されました。 私にとって大切な人や社会を守るために、新しいコロナを「正しく理解し、正しく恐れる」ことができる社会を作りたいと思っています。 そこで、昨年学んだことを振り返り、今後のガイドラインを考えていきたいと思います。

※この記事は2008年12月9日現在の情報に基づいています。

新しいコロナの感染
制御が難しい理由

コロナウイルスは、人間の風邪のウイルスとして長い間存在してきました。 ウイルスは毎年風邪の15%の原因でした。 風邪は鼻水、発熱、喉の痛み(咽頭炎)などの症状を首から上に引き起こすことがよくありますが、新しいコロナは肺炎を引き起こすウイルスです。 つまり、発熱に加えて、咳、息切れ、くすみが主な症状です。

インフルエンザのような突然の震えの後、発熱は40℃を超えませんが、38℃前後になることがよくあります。逆に、鼻水は少ないと言われています。 マスコミでよく取り上げられる嗅覚や味覚障害の症状も特徴的でしたが、そのほとんどが若く、特に女性であると言われています。 発生以来医療を提供している著者の経験から、60歳以上の人はそのような自覚症状はほとんどないようです。

新しいコロナで注目に値するのは、「半数近くの人が無症候性である」と言われていることです。 ダイヤモンドプリンセスでは、3622人の乗客と乗組員のうち712人が陽性であるとテストされましたが、半分は無症候性でした。 さらに厄介なのは、「無症候性の人は感染性がある」ということです。

感染症は一般的に感染直後には発症しません。 たとえば、はしかは感染後約2週間で発熱します。 結核の感染は、何十年もの間無症候性である可能性があります。 2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)および2012年の中東呼吸器症候群(MERS)のピーク感染力は発症後でした。

一方、新しいコロナは、感染後4〜7日で咳や発熱により発症しますが、感染の2日前からすでに感染しており、発症後数日は感染が続くと言われています。 そのため、感染者が知らないうちに感染を広げてしまうという非常に厄介な特徴があり、感染の抑制が困難になっています。

感染管理では、検査によって感染者を特定し、感染を管理するのが一般的です。 しかし、新しいコロナは発症前に陰性である、つまり発見できないと言われています。 逆に、PCR検査などは感染後3ヶ月までは陽性であり、人に感染しなくなった後も陽性になる可能性があると言われています。 言い換えれば、検査のタイミングは非常に重要であり、無症候性であっても検査が必要なのは、陽性である可能性が高い人、つまり感染者と密接に接触している人です。

PCR検査を「いつでも、誰でも、何度でも」に設定すると、不要な検査が増えるだけでなく、偽陽性や偽陰性の懸念も高まり、コスト面でのメリットはありません。 しかし、現時点では検査できる症例数が不足しているため、本当に必要なタイミングで検査が必要な人に配布できるように、対象となるPCR検査を拡大する必要があります。

おすすめの記事