外資系不動産の売買を規制する法律がない日本の危機

日本の不動産が外資、特に中国資本に買収されたことが指摘されてから10年以上が経ちました。 多くの日本人は、このトピックに関して彼らが購入する外資を批判しますが、日本には外資系不動産の売買を規制する規則がないことをご存知ですか? 買収者の視点から見ると、不動産の買収はビジネスであり、違法ではありません。問題は、日本の危機に対する認識の欠如にあります。

政府は繰り返し規則を作ることを強調してきましたが、進展はありませんでした。 いよいよ重い腰を持ち上げようとしています。 安全保障上重要な用地の取得については、専門家会議を設置し、重要な防衛施設や国境島周辺を指定し、常会での請求書提出など、事前に土地購入者に通知する必要があった。 2021年のセッション。目的。 これは、これまでの受動的対応からの大きな前進ですが、安全にとって重要な土地(防衛施設周辺など)に限定されていることが懸念されます。

セキュリティには、軍事防衛だけでなく、食料、発電、水、地下資源、海運なども含まれるため、防衛施設周辺だけでなく、農地、森林、港などのすべての不動産をカバーする必要があります。 ..国は「国土(領土)」「国」「主権」で構成されており、欠かすことはできません。 外資の取得を見ると手遅れに思えるかもしれませんが、早急に成立する必要があります。

喉から手を離せるくらい欲しい
日本列島と日本海

一般に「逆さまの地図」として知られているものがあります。 通常の日本の地図を180度回転させて大陸側から日本を眺めるユニークな地図です。 中国、韓国、ロシアの視点から見ると、北海道から奄美大島(鹿児島県)、沖縄に至る日本列島自体が要塞として機能し、太平洋への進出を阻んでいることがわかります。 日本列島を押さえれば、太平洋への進出の拠点となり、日本海や東シナ海を効果的に占領することができます。 大陸側から見ると、喉から抜け出したい「地域」だと想像するのは難しいことではありません。

自衛隊関連施設、森林、農地、観光施設などの外資系不動産の取得については、ほとんどの場合質問されます。 つまり、「あなたの意図は何ですか?」

「意図」すら知りません。 しかし、確かに言えることがあります。 「国土(領土)」の侵害とは、国の存続に関係していることを意味します。

また、日本には外資による不動産の売買を規制する規則がないため、外資は「合法的に」土地を取得することができ、売買契約を締結して所有権を譲渡した場合、その用途は? 、開発方法は所有者の裁量に委ねられています。 日本にあるのに、どんなに開発して使っても、指で見るしかない。

2008年から韓国の首都に不動産を取得している対馬(長崎県)、沖縄、佐渡(新潟県)、五島諸島(長崎県)、礼文島・利利島(北海道)の定点観測を開始。 。 )、北海道本島、奄美大島等を訪問し、同様に外資(主に中国資本)による用地取得の動向を見学した。 結論として、中国の首都による領土の取得は拡大を続けており、訪問するたびに変化し、中国式の「経済侵略」の現実に驚いています。 それは、防衛施設、離島、原子力発電所周辺などの地域だけでなく、森林やリゾートなどの「一般的な」土地の取得にも及びます。 最先端の買収と言える北海道の客観的事実と証言から実情を明らかにしたいと思います。

おすすめの記事