日本人は世界で一番長く働きたい国民?

いつか訪れる、“定年”。

今は第一線でバリバリ働いているかも知れませんが、リタイア後はどのように過ごすか考えたことがありますか?

今回、総合人材サービス会社であるランスタッド株式会社が世界23の国と地域の約20万人に実施した調査から、定年時期に関する結果が判明しました。

日本人は、長く働きたい!?

「あなたは何歳まで働きたいですか? または、あなたは何歳まで働く必要があると考えますか?」という質問に、地域ごとによって大きな差がありました。

まず、「働く必要があると考える年齢」が低いのはアジア諸国の平均57.8歳。高齢化が進み、それにより年金受給開始年齢が高い欧州では平均65.5歳という結果でした。

一方で、「リタイアしたいと思う年齢」は、「働く必要があると考える年齢」よりも平均して5歳ほど早く、アジア圏では54.3歳、欧州では59.6歳でした。

日本はと言うと、「働く必要があると考える年齢」が60歳、「リタイアしたいと思う年齢」が62歳。

調査を行った23の国と地域の中では唯一“必要とされる以上に長く働きたい”と考えていることになりますね。特に男性や管理職の方は長く働く意欲が高い傾向にあるようです。

リタイア後は楽しいシニアライフを

世界的に見ても、できるだけ長くバリバリ働きたい!と考えている日本人ですが、定年後はどのように過ごすのが理想なのでしょうか?

ソニー生命保険株式会社が行った調査で、50~79歳の男女1,000人に「現在の生活において大切にしているもの」を聞いたところ、「健康」が84.3%と際立って高く、次いで、「お金」(56.9%)、「子ども、孫」(55.7%)という結果になりました。

身体は一番の資本ですよね。シニア世代にとって、いつまでも健康でいたいという認識はやはり強いようです。また、2位に「お金」が挙がっていますが、長く働く意欲の高さと関連しているかもしれませんね。

さらに、同調査で、今後どのようなことに、時間とお金を優先的に費やしたいと考えているのか尋ねたところ、最も多かったのは「(旅行など)趣味」で63.3%。

次いで、「パートナーとの絆づくり」(51.1%)、「健康増進、アンチエイジング」(48.2%)、「子ども、孫との絆づくり」(44.8%)、「食事・お酒」(30.9%)、「友人との絆づくり」(27.9%)という結果に。

時間に余裕が出来るからこそ、趣味などに費やしてリタイア後の生活を楽しもうと考えている人も多いようです。

働いている時は後回しにしてしまっていたかもしれませんが、家族との時間を過ごすというのも大切ですよね。

できるだけ長くバリバリ働いていたいと考える日本人ですが、定年後はシニアライフをエンジョイすることを理想としているようです。急に職場に行かなくなると精神的に悩んでしまうケースもあります。今からでもリタイアしたら何をやりたいか考えておくのもアリかもしれませんね。

おすすめの記事