今すぐできる作業効率化テク!●●●を使って能力がUP!

毎日仕事に追われる日々。会社に入社した頃は「活躍してみせる!」と意気込んでいたのに、現実はなかなか厳しいもの。できるなら「もっと仕事ができるようになりたい!」、「デキるサラリーマンになりたい!」と思う方も多いのではないでしょうか?

そんなあなたに朗報です! 実は今すぐできる作業効率アップ法があったんです。

今回は、心理カウンセラーの資格も持っている石井貴士著『本当に頭がよくなる1分間ノート術』を参考に、簡単にできる作業効率アップ法についてご紹介します。

“黒”から“青”に変えるだけで、記憶力が1.1倍に!?

方法はとても簡単。石井氏によると、普段使っているペンを“黒色”から“青色”に変えるだけ、これだけです。ポイントは重要なところは青で書いて、重要でないところは黒というように使い分けること。これを続けることにより、記憶力がアップするのだとか。

青は副交感神経を刺激し、リラックス状態に導いてくれる色でもあるので、仕事や勉強をする上では効果的な色だと言えそうです。

記憶力が上がれば、普段の仕事の作業効率もはかどりそうですよね。

0.7ミリの青ペンでさらに効果大!

もう一つのポイントが、“0.7ミリ”のペンを使用すること。普段0.5ミリのペンを使っている方も多いと思いますが、ペンの太さを0.2ミリ変えることによって、1.4倍太く書くことができ、目に飛び込みやすくなるんです。

目に飛び込みやすいということは、その分、頭に入ってきやすいということでもあります。重要な部分を太いペンで記すだけで、覚えるべき事柄が頭に入ってきやすくなるのですから、やらない手はないですよね。

いかがでしたか? ペンを変えるだけで記憶力が上がるならやってみたいですよね。ちなみに、照明を目に優しいライトに変えることでも効率アップが見込めるとか。みなさんもこれらの方法を取り入れて、会社でバンバン活躍するデキるサラリーマンを目指してください。

おすすめの記事