上司が信頼感を低下させるNGすぎる態度5つ!

話の“きき方”には、“聞く”と“聴く”の2通りがあると言われます。言葉通りに受け取る“聞く”に対し、“聴く”はより積極性が高く、言葉以外の表情や態度を含めて、相手を理解しようと注意深く、というニュアンスがあります。

「傾聴」のスキルを身につけることで相手との信頼関係をぐっと深めることが可能です。しかし反対に、ちょっとした仕草や態度で、相手の信頼感は低下してしまうこともあります。

今回はそんな、信頼構築の際に注意したい5つのNG態度をご紹介します。

腕組みをしながら話を聴く

腕組みは威圧的な印象を与えます。権力を示したい場合には有効ですが、「話を聴いていますよ」という安心感を与えたい場合は避けたい姿勢ですね。

書類を読みながら話を聞くなど相手と目を合わせない

相手を見て話すことはコミュニケーションの基本。他のことに集中していては、相手に「自分の話を聴いてくれている」という実感を持ってもらえません。もちろん、煩わしそうに聴くのもNGです。

話の腰を折る

相手の話を最後まで聴かずに遮ってしまうのは避けましょう。「今は相手が話を聴いてもらいたいと思っているのだ」という意識を持って聴くことが重要です。

すぐに説教・批判・評価・アドバイスをする

「そんなことを言っているからダメなんだ」などとすぐに相手を否定したり、深く考えずに相手の話を否定することは信頼感の低下につながります。

また、立場や年齢が上であっても、上から押さえつけるような言い方はNG。相手の立場になって考えることで、相手がより話しやすく、自分の気持ちを整理できるようになります。

勝手に結論づける

アドバイスは重要ですが、少しの情報から全てを判断したり、完全に方向性を決めてしまうのはよくありません。

「自分の意見を取り入れてもらっている」、「アドバイスによって考えを深めることができた」という実感を与えることが信頼につながります

相手の話を聴く場面で、無意識にやってしまっていることはありませんでしたか? 聴き方1つで信頼感を生み出すこともできれば、逆に失ってしまうこともあるのです。

“聴き上手”はとても大事なコミュニケーションスキルです。無意識にやってしまいがちな5つのNG態度に注意してみましょう。

おすすめの記事