レバノン
High resolution digital render of Lebanon flag.

カルロスゴーンのレバノンへの脱出は2019年の最後の大きなニュースでしたが、レバノンと日本の間の引き渡し条約の欠如がニュースの主な理由です。 このニュースを聞いた著者は、2019年から香港で大規模なデモを開始した犯罪人引渡し条例の改正をすぐに思いついた。これを含め、ゴースンと香港には3つの共通点があった。

「香港のデモ参加者を支援する」
「レバノンへの引き渡し要求」に一貫性がない

香港のデモに関しては、多くの日本人は香港が中国との逃亡者条例に署名する必要はないと考えていると思います。 中国に引き渡されたら安全がどうなるかわからないからです。 条例の改正はようやく撤回されたが、この恐れが香港人を育てる最大の要因だった。

一方で、ゴースンの脱出に関しては、「日本政府はレバノン政府との引き渡し条約を締結すべきだ」とか「交渉を始めてみませんか」と疑問に思う人も多いだろう。 ..ゴースンが指摘するように、「日本の司法制度を改善する必要があると思う」が、日本人が裁判にかけられずに単に海外に逃げるのは当然のことである。

言い換えれば、サードパーティのプロジェクトがあなたの国でケースになるとすぐに、あなたがそれをどのように認識するかについて矛盾があります。 日本のレバノンとの引き渡し条約を支持するのは、香港の抗議者を支持するのであれば不思議であり、香港と中国政府を支持するのであれば、レバノンとの引き渡し条約を推進する。 サポートすることは理にかなっています。 「中国は例外です」などの国や地域の違いやイデオロギーの違いは矛盾を正当化するものではありません。 日本人一人ひとりが、引き渡されることの意味を考える必要があります。

おすすめの記事