2019年10月に消費税率を10%に引き上げた
FAMILY LAW ICON

2019年10月に消費税率が10%に引き上げられた時期に、政府は1,786億円でポイントリターン事業を開始し、大規模なキャッシュレス決済を推進した。 金融機関も現金の取り扱いコストを削減できることからキャッシュレス社会の拡大を図っており、官民が連携してキャッシュレス社会を構築しています。

キャッシュレス決済にはいくつかの方法があります。 主なものは、QRコードを使ったスマートフォン決済、インターネットバンキング、クレジットカード決済、ICカードによる電子マネーです。 消費者調査によると、キャッシュレス利用は、予算の大きい国のプロジェクトでのみ着実に増加しています。 しかし、スマホやパソコン、カードをかざすだけの簡単な操作で簡単に使えるお支払い方法で、慣れれば使い続ける人も多いのも無理はありません。

本物と非常によく似ています
フィッシングメールトラップ

一方で、この利便性を利用した犯罪は急増しています。 最近のサイバー攻撃では、これまで主流であったフィッシングメール(ユーザーをサイトに誘導する方法など)が高度化し、メールのテキストや送信先のサイトと混同されています。実物。 キャッシュレスサービスに慣れていない人は、ハッカーや犯罪者にとって大きな獲物になっています。

キャッシュレス決済が推進され、銀行からの直接送金やWebでの決済が可能なインターネットバンキングの利便性が高まり、サービスも充実しています。 2019年9月以降、オンラインバンキングにより、預金の違法送金による被害が急増しています(下図参照)。

11月だけで被害額を見ると約7億6700万円。 秘訣は、金融機関を装った偽の電子メールやショートメッセージサービス(SMS)をスマートフォンやその他のデバイスに送信して、個人識別番号を盗むことです。 パソコンに比べて送信者の確認などを怠りがちなスマートフォンを狙うことが多いです。 12月には、琉球銀行を装ったSMSを使った不正送金も同様に発生しました。 不正アクセス7件で658万円の被害。

このような被害を防ぐために、銀行はますます「2段階認証」を導入しています。 2段階認証は、ユーザーにIDとパスワードを入力させ、会社がユーザーにセキュリティコードを送信してから、コードを再入力することで、より安全なサービスを提供するメカニズムです。 2019年7月、セブン&アイ・ホールディングスのスマートフォン決済アプリケーション「7pay」が違法に使用されたのは初めてのことですが、2段階認証などのセキュリティ対策はされていませんでした。 これは、大きな批判を受けました。

おすすめの記事