台湾の蔡英文大統領が勝利し、1月11日に行われた大統領選挙で再選。

台湾の蔡英文大統領が勝利し、1月11日に行われた大統領選挙で再選され、817万票を超えました。これは台湾の大統領選挙史上最高です。 この直後の1月14日、カイ大統領はBBCとの独立したインタビューで、中国との関係について話しました。 インタビューの主な発言は以下のとおりです。

-中国がこの勝利にどのように反応すると思いますか。

中国は選挙結果における台湾人の期待について真剣に考える必要があります。 選挙結果は台湾人からの非常に強いメッセージです。 彼らは常に脅迫されることを好まない。 私たちは成功した民主主義とまともな経済を持っています。 私たちは中国の尊敬に値する。

-中国との対話を再開するために何を提供できますか?

重要なのは、中国人が座って考え、現実に立ち向かう準備をすることだと思います。 彼らが現実に立ち向かう準備ができていなければ、私たちが何を提供しても、彼らは満足しません。

-なぜ中国が有権者にとってそんなに問題になっていると思いますか?

過去3年間で、中国が脅威を強めているのを見てきました。 彼らはあらゆる種類の行為をしました。 彼は軍事演習を実施し、台湾周辺で軍艦を動員し、軍用機を飛ばしました。 そのため、脅威は増大し、香港で起こったことと相まって、台湾人は脅威が本物であるという感覚を持っており、それはますます深刻になっています。

-馬英九前大統領は、中国との経済的・文化的関係を強化しつつ、台湾の地位の曖昧さを継続するという低価格で台湾の民主主義を守ることができたが、そのアプローチのどこが好きか。 そうですね。

状況が変わりました。 あいまいさは、それが達成しようとしていた目的をもはや果たすことができません。 私たちは今、まったく異なる状況に直面しています。

-誠意の欠如も中国の行動の要因ではないでしょうか。

中国との関係については、かなり合理的でした。 私たちは、中国に刺激を与えると思われることは何もしませんでした。 台湾では、もっと多くのことをするという強いプレッシャーがあります。 しかし、3年以上の間、私たちは現状を維持することが私たちの方針であると中国に伝えてきました。 これは中国の非常に友好的な兆候だと思います。

-少なくとも原則として、台湾の正式な独立に賛成ですか。

独立を宣言する必要はありません。 私たちはすでに独立した国です。 私たちは自分たちを中華民国(台湾)と呼び、政府を持ち、軍隊を持ち、選挙を行います。

おすすめの記事