「地方創生」が始まって…

「地方創生」が始まって以降。国は、1960年には約8700万人に達すると推定される人口減少を食い止め、約1億人を確保するという人口ビジョンを打ち出し、それを実現するための包括的な戦略を策定しました。 また、国の戦略に沿った人口ビジョンと地域の包括的な戦略を策定する義務をすべての地方自治体に課しています。

各地方自治体は、各地方の特性を生かした独自の取り組みを検討することが期待されていたが、実際に策定された地域総合戦略が各地方自治体の実際の状況と実際に一致するかどうかは疑わしい。 2017年に地方自治研究所が全地方自治体に実施したアンケートによると、1342地方自治体の約8割が総合戦略の策定をコンサルタント等に委託している。幅がある)。

また、東京に本社を置く機関は、注文総額と注文数の50%以上を占めています。 国が地方自治体ごとに千万円の予算を組んでいるが、地域活性化の予算が東京に集中しているのは皮肉なことだ。

同研究所の主任研究員である今井輝氏は、「2014年11月に町人民労働創造法が制定され、国は2003年度中に各地方自治体に総合戦略の策定を要請したが、予算は地方自治体調合後の国への助成申請にかかる時間と時間を考慮すると、各地方自治体に与えられる調合期間は約半年であり、このような短期間で、将来の人口に基づいた適切な戦略ビジョンを達成することができます。それは作られますか?」

実際、同じアンケートでも、地方自治体の半数以上が、包括的な戦略を策定するための十分な期間を確保できないと回答した。 これは、多くの地方自治体が戦略策定を外部委託した要因の1つである可能性があります。

持続可能な地域の活性化は、政府が短期間で策定し、正式に策定することを要求する包括的な戦略の下では進行しません。 市町村は、今年4月から始まる地域活性化の第2段階に向けた地域総合戦略の策定を再度求められました。 第1フェーズの現状を踏まえ、第2フェーズの戦略策定がどのように進むのか注視していきたいところだ。

おすすめの記事