今年のCES基調講演で最も注目を集めたとは言い難い。

今年のCES基調講演でイヴァンカ・トランプが最も注目を集めたと言っても過言ではありません。 大統領に対する弾劾裁判が始まる直前の選挙年度のこれらのイベントで、現大統領の娘とホワイトハウスの首席補佐官が基調講演を行うことは興味深いことでした。

スピーチのタイトルは「仕事の未来への道」であり、内容はトランプ大統領のキャンペーン「アメリカを再び偉大にする」(再び、米国を偉大な国にする)の言葉遣いです。 それは、成功を強調することでした。

まず、イヴァンカは、政権で果たした役割を「規制を緩和し、企業にもっと多くの人を雇うように促す」と説明し、その結果、今日、「1億6000万人がどういうわけか」と述べた。 それは、米国の歴史の中で最も多くの仕事である形で機能します。 「彼はまた、昨年の新入社員の73%が「傍観者」、つまり、学生、主婦、および雇用市場に存在したことのない他の人々であると述べた。

「米国経済は活況を呈しており、高賃金が保証されており、企業は新しい仕事を促進している」とイヴァンカ氏は語った。 しかし、米国労働省の統計によると、昨年末現在、正社員数は1億1800万人であり、非正規、パートタイム、季節労働を合わせたものだとのこと。 ..アメリカ人の平均収入は47,000ドルですが、年収が15,000ドル以下の人の10.5%であり、学歴による格差が大きいです。

非高校卒業生の平均年収は25,000ドル、高校卒業生は35,000ドル、短期大学卒業生は39,000ドル、大学卒業生は62,000ドルです。 一方、物価は急激に上昇しており、「労働市場に参入したことのない人の参入」は「生活が困難なためアルバイトをしなければならなかった人」の増加と言えます。

一方で、いわゆる「熟練労働者」、つまり技能を持った人の不足が長い間指摘されてきました。 特にシリコンバレーでは、高学歴のインドや中国からの労働者の輸入が進んでいます。 CESの親会社である全米家電協会も「会員企業の5分の1が人手不足に苦しんでいる」と指摘した。 失業率は以前よりも低くなっていますが、失業者数は全国で650万人です。 カリフォルニアのように地価が高い場所では、低中所得者がホームレスになるという問題が残っています。

この熟練労働者問題については、各地方自治体への職業訓練の推進に政府が主導権を握っているとのことであった。 たとえば、インディアナ州は主に女性向けのインターネットコーディング教育を提供しています。 コーディングスキルがあれば、学位なしで年収約5万ドルの仕事に就くことができます。 「企業がブルーカラー労働者に新しいテクノロジーを使用し、より高度なタスクを実行するように教育することも不可欠です」とイヴァンカ氏は述べています。

しかし、自動運転やロボット工学などの技術の導入により、職を失う人もいます。 たとえば、トラックの運転手、工場の未熟練労働者。 これらの人々にどのように対処すべきでしょうか? イヴァンカ氏は、「技術の進化は、これまでにない新しい雇用を確実に生み出すだろう。そのためには、政府や企業による職業訓練を強化する必要があり、技術の進化による一時的な雇用の減少は、彼はそれを補うことができると言ったが、どのような職業が生まれ、そのためにどのような訓練が必要かについて具体的な詳細を述べなかった。

おすすめの記事