「地方創生が始まって以来、地方自治体間の人口競争は激化しています。
commercial illustrator

「地方創生」が始まって以降、 国は、1960年に約8700万人に達すると推定される人口減少を食い止め、約1億人を確保するという人口ビジョンを打ち出し、それを実現するための包括的な戦略を策定しました。 また、国の戦略を考慮した人口ビジョンと地域総合戦略を策定する義務をすべての自治体に課しました。 そこから地方自治体間の人口競争が始まりました。

占領する地域を宣言する
人口をめぐる激しい戦い

埼玉県戸田市の人口は約14万人で、東京に隣接して荒川を渡っています。 市には、代理店にシンクタンク「戸田市政策研究所」があり、居住者の獲得を目的とした市の販売に関する研究を行ってきました。 市の取り組みの特徴は、市の販売対象地域、つまり人口を奪う地域を、隣接する板橋区と北区に明確に定義し、市の戦略として明確に述べていることです。

2016年10月からは、住宅購入を検討している子育て世帯を対象に、街の宣伝を行っています。 グーグルやヤフーの検索サイトから、東京や近隣の自治体に住んでいて不動産を探している20代から40代のユーザーを選び、戸田市への転勤を促進するためのバナー広告を掲載しています。 その結果、戸田市の移民関連サイトへのアクセス数は、バナー広告掲載後1ヶ月で453PVから1ヶ月で7512PVに約17倍に増加しました。

戸田市政策事務局長の江口守氏は、「戸田市は特に有名な観光名所がないため、東京に比べて住宅価格が安く、教育環境も良く、交通も便利です。東京都の子育て世帯への戸田の住みやすさから、移住を呼びかけています。「過去5年間で、対象となる板橋区と北区から約1,400人が入居し、市の総人口は増加しています。 5年間で10,000以上増加しました。

戸田市の魅力を伝え、人口を増やすことは戸田市にとって大きな成果です。 しかし、勝者の後ろには敗者がいて、その分人口が減った地方自治体もあります。 日本全体の人口減少をどうやって止めるかという問題で、単に人口を争うだけでは意味がありません。 しかし、現在、そのような競争は様々な場所で行われています。

つくばエクスプレスで市内中心部から約20分の千葉県流山市でも、近隣自治体からの人口獲得に成功しています。 近年、人口は毎年4,000〜5,000人のペースで増加しており、2018年には政令指定都市を除いて日本で最も多くの過移民が発生しました。 市は、地方自治体に全国初のマーケティング部門を設置し、民間の経験から5人に3人を雇用し、30代から40代前半の二重所得世代を対象とした住民を引き付けるためのプロモーション活動に注力しています。 ..

おすすめの記事