「有給休暇取得日数」ワースト1は、日本!休めない雰囲気の理由とは!?

日本人は真面目で勤勉で働き者。そんな風によく言われています。国際社会から見ると、「日本人は働きすぎである」という指摘の声も聞こえてくることがあります。

今回、トリップアドバイザー株式会社が日本・アメリカ・オーストラリア・ブラジル・フランス・ドイツ・イタリア・ロシア・スペイン・イギリスの計10ヶ国の有職者16,147名を対象に行った「有給休暇と休暇中の仕事に関する国際比較調査」によって、他の国と比較して日本は”特有の休暇に対する考え方”を持っていることが明らかとなりました。

日本の「有給休暇取得日数」はワースト1

日本の有職者の平均有給休暇日数は年間19日。これは対象10ヶ国の中で、アメリカ(18日)に次いで少ないワースト2という結果でした。

しかも、取得予定の有給休暇日数に至っては、ワースト1の11日であることがわかりました。 「昨年、有給を充分に取得できなかった」と回答した日本人にその理由を聞いたところ、「仕事が忙しかった(61.4%)」、「休める雰囲気ではなかった(32.5%)」、「同僚に気をつかった(21.0%)」、「なんとなく休まないうちに年を越してしまった(15.0%)」という結果になりました。

仕事が忙しいだけではなく、休暇を取りにくい雰囲気がまだまだ日本には蔓延しているのが現状のようです。

日本人は休暇中は「全く仕事のことを考えたくない」

では、日本人は「休暇」をどのように捉えているのか? 意外にも日本人は「できれば休暇中は全く仕事のことは考えたくないし、仕事から完全に切り離されたい」と考えている人が65.2%と10ヶ国の中で最も多く、仕事のメールや電話なども「どれも対応しない(休暇中は全く仕事しない)」と答えた人も31.9%と、ブラジル(35.9%)に次いで多い結果となりました。

“仕事人間”と言われる日本人ですが、休みが少ない分、オンとオフはしっかりと分けて考え、休みの時は休みに集中しようとしている姿が浮かび上がったと言えるでしょう。

確かに日本人は勤勉で働き者の人が多いのだと思います。ただ、真面目であるが故に、休暇を気軽には取りにくい雰囲気がまだまだ社会全体の中にあるのも事実。ストレス社会に押し潰されず、より仕事を円滑に進めるためにも、たまには休暇を取ってリフレッシュすることも必要なのではないでしょうか。

おすすめの記事