達成しない目標!目標達成のカギは「脳内リハーサル」だった!

「目標は現在形で書け!」

成功法則に興味のあるあなたなら一度は聞いたことがあるフレーズではないでしょうか。

「昇進したい」「起業したい」などのように願望を「~したい」の形で書くよりも、「昇進しつつある」「起業の準備を始めている」のように現在形(もしくは現在進行形)の形で目標を設定した方が、より現実的に感じられ、達成するための行動を起こしやすくなります。

「~したい」という気持ちを「~している」に変えるだけで人生がガラッと変わるなんて……と思ってしまいますが、本当にそうだとしたら悩みなんてないですよね。

では、成功の極意はどこにあるのでしょうか?

強く望めば望むほど達成しにくくなる!?

歯を磨くことは難しくないですよね? それはあなたが成功法を知っているから、自信をもっているだけです。あなたが簡単に成功させてしまうその行為も、もしかしたら一度も歯を磨いたことがない人にとっては難しいかもしれません。

仕事での成功も同じ。成功者は間違いなく、成功した経験がある人です。

成功者にとって、成功するための行動は「できる、することが当たり前」の行為ですから、どんどん行動してさらに成功をつかんでいきます。つまり、私たちは「できる、することが当たり前」と思っていることは簡単に達成でき、「できない」と思っていることはなかなかできないだけなのです。

目標をもつことは必要です。ただし、目標は強く望みすぎるとうまくいかないもの。脳内で「~したい」と強く望むことで「~できていない」という認識を植え付けることになります。

「金持ちになりたい!」と強く思うことは「今は金持ちでない」と思うことと同じ。「~したい!」と思えば思うほど、「~できない自分」を認識してしまいます。すると自分にとってハードルの高い目標のように感じ、自分で夢の実現にブレーキをかけてしまうのです。

脳内リハーサルであなたの目標を実現可能な行動に変える!

達成のための行動をあなたにとって自然で当たり前の行動に変えるのに有効なのが“脳内リハーサル”。

達成した自分をありありと思い浮かべることで成功したあなたを脳にとっての“あなたらしさ”に変えます。成功のためのタスクがあなたにとって当たり前に変われば、簡単にできるようになっていきます。

単に目標の語尾を変えるだけではうまくいきません。本当に達成できる、達成することが当たり前だと認識することで初めて効果を発揮します。

あなたの望みは何ですか? 「~したいな(=できていないな)」と思っているだけでは達成できないかもしれません。

小さく聞こえた誰かの言葉が思い込みで全く違う言葉に聞こえることがあるように、あなたの「できるのが当たり前!」の思い込みは劇的な変化を起こす可能性を秘めているのです。

おすすめの記事