目から鱗!「ジョハリの窓」で深い信頼関係構築!

TwitterやFacebookで人気の集まるあの人は、積極的に“自己開示”をしていますよね。人は、自己開示をされる(相手のことを教えてもらう)と安心し、信用しやすい傾向があります。つまり、人気者が他人からのメッセージやコメントが多いのは、自分について積極的に開示しているからなんです。

コミュニケーションを円滑にし、より深い信頼関係を築くには自分の情報を積極的に発信する必要がありそうです。

ただし、発信するには自分のことを知らなくてはいけません。自分について何を発信すればいいのだろう……? そんなあなたに“ジョハリの窓”を活用して自分自身について知るちょっとしたコツを心理カウンセラーの筆者がご紹介します!

「解放の窓」を開けばあなたも人気者に!?

アメリカの心理学者ジョーとハリーは人の心はつぎの4つの窓に分けられると考えました。この窓は「ジョハリの窓」と呼ばれています。

1: 開放の窓(公開された自己/自分も他者も分かっている部分)

2: 盲点の窓(自分は知らないけれど他者は知っている部分)

3: 秘密の窓(自分は知っているけれど他者は知らない部分)

4: 未知の窓(自分も他者も知らない部分)

以上4つの窓を通して私たちは自分について知ることができます。盲点の窓や未知の窓(つまり、自分は知らない部分)にはあなたの可能性が眠っていて、他者とのコミュニケーションの中で教えられたり、発見したりします。

新たな自分を発見して開放の窓を広げることで、周りの人があなたのこと知り、もっと知りたい!と思い、さらなるコミュニケーションが生まれます。するとまた新しいあなたに出会えるチャンスが広がるのです。

人気者がどんどん人気になっていくのは、コミュニケーションが増えれば増えるほど開放の窓が開き、さらなるコミュニケーションが生まれるからなんですね。

窓を開けてくれるのはあなたのフォロワー!?

あなたについて新しい発見をするには、周りからの情報に耳を傾ける必要があります。身近にあって、あなたについて知る大きなチャンスになるのがSNSのコメントやメッセージ。

「○○さんってこういうのが好きだよね」「また○○ですか?」「○○、私も好きなんです!今度ぜひご一緒しませんか?」などのちょっとした会話の中で自分の好みや口ぐせ、よくしている言動に気づかされることが多いのではないでしょうか。

これまでのコメントやメッセージを読み返すことであなたについての新しい発見がたくさんありそうです。

暇つぶしや寂しさを紛らわす道具で終わってしまってはもったいない! 他者からの貴重な声に耳を傾けて開放の窓を開き、さらに人気を高めてください。

おすすめの記事