イランがフォルドゥの核施設でウラン濃縮を20%増加

イランは1月4日、フォルドゥの核施設でウラン濃縮を20%に増やす作業を開始したと発表した。 それは核爆弾の生産を容易にする濃度であり、それが臨界線を越えたことを意味します。 米国は「核恐喝」を非難し、イスラエルは「核兵器の生産を容認しない」と強く反対し、再び緊張を高めた。 イランの決定の背後にあるのは、それが新しいバイデン政権に対して交渉カードを持ち上げるという憶測です。

ブレイクアウト時間の短縮

イランでの決定は、昨年12月にイラン議会で可決された「集中活動強化法案」に基づいています。 この法案は、経済制裁が2月までに解除されない場合、ロウハーニー政権がウラン濃縮を20%に増やすことを要求している。 同時に、国際原子力機関(IAEA)による検査の拒否も含まれます。

「ウラン濃縮を20%に増やす」という意味は深刻です。 現在、イランは約4.5%の濃度の低濃縮ウランを所有しています。 保有量は2.4トンに達し、核合意で定められた制限をはるかに超えています。 これは、2つの核爆弾を製造することに相当します。 しかし、これらの低濃縮ウランは核爆弾を製造することはできません。 生産には90%以上の高濃縮ウランが必要です。

しかし、20%から90%の濃度の高濃縮ウランは比較的容易に製造できると言われています。 核合意によれば、イランが核爆弾の製造を決定したとしても、1年かかることを想定して低濃度を維持するように設計されているが、濃縮度が20%の場合、核爆弾の製造につながる。核爆弾。 「ブレイクアウトタイム」は「半年以内」(エキスパート)に大幅に短縮されます。 それが起こった場合、米国とイスラエルは、成功の保証のない軍事攻撃を除いて、核開発を停止せざるを得ないでしょう。

実際問題として、弾道ミサイルに核爆弾を搭載しなかった場合、脅威は半減しますが、ペルシャ湾の反対側にあるイスラエルとサウジアラビアの心理的圧力は大幅に高まります。 核爆弾を小型化してミサイル弾頭に搭載する技術は非常に難しいが、北朝鮮のように不可能ではなく、米イスラエル間の欲求不満は高まっている。

しかし、中東の軍事および諜報機関の中で、イランがウラン濃縮を20%に増やす作業を開始する目的は、実際に核爆弾を製造することではなく、バイデン政権の核合意に戻ることです。 「イラン側の交渉カードの価値を高める」という強い見方がある(ベイルート筋)。 戦略は、イランが協定の遵守に戻り、制裁解除に勝つための貿易資料としてそれを使用するための基準を引き上げることです。

イラン政府のスポークスマンは、メッセージを強化するために「数分前」に濃縮作業が開始されたと述べたようです。 イランのアラーチ外務副大臣は4日、ウラン濃縮を減らすのは簡単だと述べ、米国の制裁が解除されることを条件に合意を維持するというイランの立場を強調し、バイデン政権への期待を表明した。

弾道ミサイル規制は大きな焦点です

バイデン政権はイランの憶測にどのように対応しようとしているのか? 新政権の国家安全保障担当補佐官であるジェイク・サリバン氏は昨日のCNNニュース番組で、米国の核合意の復活について直接言及することなく、イランがコンプライアンスに復帰するとすぐにミサイルを発射すると述べた。 彼は能力についての議論を始めると述べた。

「これが新政権が追求しようとしていることだ」と彼は述べ、イランとの「広範な交渉」が最終的にイランの弾道ミサイル技術を抑制する可能性があると述べた。 核合意には弾道ミサイルの開発または試験に対する制限は含まれておらず、別個の規制の枠組みが必要です。

彼が明らかにしたことは、バイデン政権が米国の核取引への復帰においてイランの弾道ミサイル規制に深く関与しているということです。 イランが望んでいるように、バイデン政権が無条件に核合意に戻り、制裁を解除する可能性は低い。 イラン側は核合意に弾道ミサイル規制を含めることに強く抵抗しており、バイデン政権との交渉は確かに厳しいものである。

おすすめの記事