昇進できない、うだつの上がらない本当の理由!

「高収入を得たい」「昇進したい」「スキルアップしたい」
でも、できない!?

あなたは本当に昇進を望んでいますか? そう言っているだけで、実は「今のままでいたい」「変わりたくない」と思っているのではありませんか?

「そんなはずはない」「給料は高い方がいいに決まっているし、昇進しない方がいいなんて思っているわけがない」そう思ったあなたも心の底では「変わりたくない」と思い、昇進のチャンスを自ら逃している可能性があります。一体どういうことか、メンタル心理カウンセラーの筆者が解説いたします。

あなたにとって「昇進」がデメリットである可能性

昇進したくてもチャンスがやってこないのではありません。チャンスを創り出すかはどうかはあなたの行動次第です。変わりたいのに変われないのではありません。あなたは変わりたいと思っていないのです。

全ての行動は、意識的・無意識的にかかわらず自身にとって一番メリットがあると考えて選択した結果です。自分が「こうでありたい」というものを選び取り、日々手に入れているのです。

「いやいや、ちょっと待て。女房が買ってきたから仕方なく着ている服もあれば、断れなくて引き受けた仕事もある」

本当にそうでしょうか? 自分のことを考えて買ってきてくれた服だとしても、正直に気持ちを話して断ることも可能です。嫌々引き受けたその仕事も、人間関係や収入の面など、何かしらのメリットがなければ引き受けたはずがありません。

毎日の行動は、目の前の選択肢の中から自分にとって一番幸福に近いもの、メリットのあるものを選び取った結果なのです。

達成したくても達成できないケースの多くは、”達成しないことにメリットを感じ、達成したいと思えない心理状態にある”ことが原因です。

達成できないその原因をセルフチェック!

達成したい目標はあるのに一向に達成に近づく気配がない場合は“達成しないことのメリット”を書き出してみてください。そのメリットが成功のための行動を起こさないようにブレーキをかけている可能性があります。

たとえば昇進したくてもできない場合、昇進しないことのメリットを考えます。

・休日に勉強しなければならない(自由な時間が減ってしまう)

・今の職場の同僚と離れなければならない(今まで通り同僚と遊びたい)

・失敗すれば今の生活水準が脅かされる(より良くはなりたいが、現状を維持した方が安全だ)

この場合、昇進するよりも自由な時間を謳歌したり、飲み仲間との楽しい時間を維持したり、今よりもっと給料が少なくなる可能性を回避したりするために昇進するためのアクションを“起こさない”ことを選んでいます。

心の奥底に“達成したくない理由”があれば、いくら飲み会の席で「10年後には億万長者になっているからな~!」と叫んでも達成することは難しいでしょう。

無意識にあなたの成功を阻む“成功しないことのメリット”は何ですか?

これに気づき、「自由な時間を減らしても行動を増やしたい」「新しい出会いも大切にしよう」「勇気を持って現状を変える行動を起こしてみよう」という選択に変えることで、あなたの「やりたい!」も実現可能な範囲に入り始めます。

おすすめの記事