米国と中国の間の激しい紛争は、冷戦の終結から約30年。

米中紛争の激化は、冷戦終結以来約30年間続いてきた「グローバリゼーション」の流れが終結することを意味します。 これは、大学や企業の研究開発に大きな影響を与えるでしょう。

米国当局は、米国企業や政府から企業秘密を体系的に盗むという中国に対する姿勢を強めています。 2014年、米国当局は人民解放軍61398部隊から5人の将校を指名し、ウェスティングハウスやUSスチールなどの企業秘密を盗んだ(または試みたり、衝突させたりした)ために起訴しました。 2017年には、米国企業の企業秘密を大量にハッキングしたとして、中国に住む3人を起訴し、2020年7月には、中国に住む2人のハッカーを起訴しました。 これらは象徴的な意味しかありませんが、2018年に中国国家安全保障省に所属する諜報員を起訴したとき、彼らは滞在中にベルギー当局に彼らを拘留するよう要求しました。 申し立ては、米国の航空宇宙産業を標的とした企業秘密の盗難でもありました。 トランプ政権は中国政府と中国共産党をより公然と非難するようになったが、オバマ政権以来この傾向は一貫しており、バイデン政権に緩和の兆しは見られない。 むしろ、ウイグル、チベット、内モンゴルなどの人権問題を強調する民主党の動きと並行して、中国への圧力が高まることが予想される。

米国の安全保障に直結する先端技術に対する中国の脅威に対抗するためには、民間レベルでの積極的な協力が不可欠であるというのが米国司法省の立場である。 2019年にHuaweiの副会長を起訴したとき、彼はイラン企業との取引による経済制裁法違反であり、5年以上前に米国企業に対する企業秘密を盗んだとして会社自体が非難されたと述べました。 課金されました。 2020年2月に再び起訴されたとき、北朝鮮とイランに対する制裁を破り、企業秘密を盗み(経済スパイ法違反)、組織犯罪防止法(RICO法)を適用した。 RICO法は一般的にマフィアや麻薬カルテルに適用され、大企業に適用されることは珍しいことです。 中国共産党と密接な関係があると言われている同社は、反社会勢力と見なされている。

>>米国FBIのレイ国務長官が中国共産党政権の影響についてスピーチ

急速に変化する研究環境

米中紛争の影響は大学にも影響を与える

中国政府の人材育成プログラム「千人計画」に参加したハーバード大学の教授は、2020年1月に虚偽の申告で逮捕され、6月に起訴された。 カンザス大学の教授とオハイオ州立大学の教授も中国政府の研究を隠蔽したとして非難されており、ウェストバージニア大学の教授は千人プログラムへの参加を隠しながら育児休暇を取っている。 私は大学に虚偽の申告をするように頼まれました。 中国の軍事技術に直接貢献する根拠がない場合でも、星条旗への忠誠を誓いながら五つ星の赤旗のために働くこと自体が犯罪です。

自分たちの研究者に厳しい姿勢をとっている米国当局が、同盟国に甘い顔を見せることはありそうにない。 日本の大学は、世界をリードする米国の研究者や学界と協力し続ける必要があります。 しかし、米国が脅威と見なしている中国の研究者と知識を何の予防策もなしに共有することは、中国に技術を漏らしていると見なすことができます。 学会に出席するために米国を訪れた天津大学の教授が空港で逮捕されたり、台湾企業が米国企業の企業秘密を中国に漏らしたりすることもあった。 これらが先例となるとすれば、日本に留学する研究者にとって環境は大きく変化していると言えます。

今日の基礎研究の現実を考えると、軍事研究と民間研究の境界線を引くことは非常に難しいため、状況は深刻です。 民間と軍事の両方の用途に適用できる技術は「デュアルユース」と呼ばれますが、今日では、そのうちの1つにしか適用できない技術を除いて、ほとんどの基礎研究がそのカテゴリに分類されます。 そうとも言える。

「はやぶさ2」が小惑星リュウグウに接近し、爆発で衝突物体に突入し、深いサンプルの収集に成功したことは、神経質な外国への科学研究の名の下に衛星を破壊する武器です。 実験に成功したように見えるサンプルによる弾道ミサイルの返還の成功は、弾道ミサイルの再突入試験の成功を示しているように思われるかもしれません。

また、昆虫の運動能力や知覚能力も素晴らしく、カナブンのような大きさで自由に飛んで、自分のエネルギー源を探して捕食できる機械が人類に利用可能です。 製造できません。 生態系を詳しく調べ、その能力を十分に活用すれば、災害時の人命救助に活用することができます。 しかし、技術が海外に流出した場合、偵察や攻撃のために人や武器を密かに監視する機器に転用される可能性があります。 実際、米国国防高等研究計画局(DARPA)は、2006年にその方向で研究プロジェクトを開始し、優れた研究成果を持つ日本の科学者もリストに含まれています。

おすすめの記事