中東

中東の構成は、過去1年間で大幅に変化しました。 この中心にあるのはイスラエルです。 この国は、1948年の創設以来、アラブ諸国とイスラム諸国に対して敵対的でしたが、2020年の秋には、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーン、スーダン、モロッコと外交関係を築きました。

特に注目すべきは、西サハラ地域に対するモロッコの一方的な主権であり、イスラエルとモロッコの共同宣言は、長い間正当な所有者であると主張してきた独立した武装組織であるポリサリオ戦線を無視しています。 承認されました。 イスラエルとアラブ諸国の間のアプローチの背後には、近年、イスラエルからアラブ諸国にとって脅威となる国であるイランへの急速な変化があります。

この動きは、2019年9月14日のサウジアラムコの2つの施設に対するドローンと巡航ミサイルの攻撃によって決定されました。この攻撃は一時的にサウジアラビアの石油生産を半減させ、世界の供給量の5%を失い、石油価格を高騰させました。

世界の驚愕から2か月後、ロイターは独自のインタビューに基づいてイランの犯罪理論を発表しました。 しかし、多くの中東および石油当局は、それ以前はそれをイランの犯罪と見なしていました。

したがって、今日の中東では、多くの国がイランがイスラエルに取って代わることをこの地域の最大の脅威と見なしています。 注目を集めているのは、ジョー・バイデン米大統領の将来の動きです。 これは、イラン核合意への復帰の可能性を示唆するなど、同国との関係改善に熱心である一方で、パレスチナ地域でのイスラエルの定住活動やサウジアラビアでの人権侵害に疑問を呈しているためである。 その理由は。

言うまでもなく、トランプ政権の中東政策は、イランを中東にとって最大の脅威と見なし、対立姿勢を強め、譲歩を迫りながら、一部のアラブ諸国とイスラエルの関係を正常化することでした。

1月1日付けの書簡で、イランは、昨年12月に議会で可決された法案に沿って、中央フォルドゥの地下施設でのウラン濃縮活動を強化するために国際原子力機関(IAEA)に送られました。 20%に引き上げられることが明らかになりました。

さらに、サウジアラビアの裁判所は、12月28日、著名な人権活動家のLoujainAlhathlühl(31歳)に、スパイ容疑で5年8か月の懲役を言い渡した。

このような新たな状況に直面している米国のジョー・バイデン大統領が、これまでと同様にイランに比較的親切な厳格な姿勢でサウジアラビアに対応し続けるかどうか。 副大統領自身の時代から変わった中東の構成の中で、バイデン米大統領がどのような中東政策を考え出すのかは興味深い。

おすすめの記事