1930年代から1940年代と現在との間には高度な類似性があることが指摘されている。

1930年代と1940年代と現在の間には高度な類似性があることがしばしば指摘されています。 何かに付けてすぐにそのようなアナロジーを持ち出すことができるのではないかと思いますが、今回はまだかなりのヒットがあることは否めません。 一方、議会制民主主義や言論の自由などの「自由民主主義」を否定した「ジェネラリズム」体制の政治は、世界中で行われており、ある程度の成功を収めているようだ。

一方、議院内閣制のある国では、マスメディアなどの大衆に対するポピュリスト政治が盛んになっており、そこからも議会制民主主義=自由民主主義への疑念が広がっているようだ。 ある。

中国は新たなコロナウイルス感染の発生と見られながら、感染者を迅速に抑制したと言われており、欧米をはじめとする欧米に比べて大きなアドバンテージとなった。 国々が依然として多くのコロナ感染者に苦しんでいるという事実は、そのような状況を象徴していると言えます。

30年代から40年代にかけて、ヒトラーのナチスドイツ、ムッソリーニのファシスト党イタリア、スターリンの共産党支配ソビエト連邦など多くの国で総体政治が行われ、成功したようであり、英国などの議会民主主義は米国とフランス全体主義国では経済が容易に回復せず、大きな苦境に陥り、最終的に第二次世界大戦に至ったという歴史的事実は、この危機感をより説得力のあるものにしています。

特に当時、ドイツのアウトバーンの建設により景気は回復し、多くの失業者が姿を消しました。 ソビエト連邦では、5カ年計画が成功し、国力が強化されているように見えました。 現在活発な経済成長を遂げている中国については、多くの人が考えているようです。

1950年代や1940年代とは異なり、当時はマスメディアがポピュリズムの形成の大きな要因でしたが、今ではSNSなどのソーシャルメディアの過激な主張がこの傾向を助長しており、状況は悪化しています。 眺めもあります。

このような状況の中、最近冬に新しいコロナウイルスに感染する人が増えており、多くの人が将来を心配しています。 このような状況に対応するには、どのような態度を取るべきでしょうか。 これを考えるために、ここでは、新しいコロナの問題が大きくなった2020年春以降の問題を想起し、そこから30代、40代とのアナロジーの観点から考察します。 試してみてください。

西側諸国では春以降、封鎖のような状況が続いているが、伝統的に「緊急宣言」のようなものを主導する人物と見なされていた安倍晋三前首相は意外である。 「遅れて紛失した」と報じられた4月に発行されました。 その後、「人との接触の機会を80%減らす」とも言われました。

舞台裏では、政府の専門家評議会のメンバーがマスコミに何度も登場し、「対策を講じなければ42万人が死亡するだろう」と述べた。 新しいコロナは未知の感染症だったので、当時の混乱は避けられなかったとしても、このショックは大きく、各メディアは大いに報道しました。 特にワイドスクリーンの取材は甚大で、欧米の荒廃が日々見込まれ、「東京は2週間でこんな風になる」と絶えず言われていました。

それ以来、商店への嫌がらせ、いじめ、感染者や医療関係者への差別など、「自粛警察」とも呼ばれる恐ろしい過大な不適合状況が続いていることはよく知られています。 同情的な圧力の下で、反対意見と懐疑論の声は打ち消されました。

おすすめの記事