民主主義がアラブ社会に根付かない理由とは?

「アラブの春」から10年。 しかし、残念ながら、民主主義がアラブ社会に根付いたとは言えません。 多くの西洋のトーンは、民主主義が最終的に広がるだろうという希望的観測を表明しました、しかしそれは起こりますか?

そもそも、10年前にチュニジアで始まったアラブ人の専制政治に対する抵抗運動が「民主化」を呼びかけたことは疑わしい。 確かに、エジプトのムバラク政権、リビアのカダフィ政権、そして民衆の抵抗により崩壊したイエメンのサレハ政権は長年の独裁政権でしたが、その後の発展は、台頭するアラブ人が民主化を求めたことでした。 むしろ、次のように見る方が正確に思えます。 つまり、長年の独裁体制では、失業問題などの経済問題は解決できず、汚職が蔓延する代わりに、見苦しい状況に飽きてしまいます。 彼は自分を助けるシステムを期待して立ち上がったと思います。

たとえば、エジプトでは、モハメド・モルシ政権の崩壊後、民主的な選挙により、イスラムの原則に基づいたモルシ政権が誕生しました。 獅子政権は政府によって誕生し、現在に至っています。 シシィ政権の存続は、民主化を望む人々を抑圧し、政権を維持するという側面もあるが、エジプト国民がシシィ大統領の政権にある程度満足していることも否定している。 不可能ではないですか?

12月19日付けのエコノミスト誌の社説「中東で民主主義が失敗した理由と、いつか成功する可能性がある」は、「民主主義は乾燥した土壌に根付くことはできない」とアラブ世界の民主化についても述べています。 彼は、アラブ世界は最終的に民主化するだろうと主張し、回心のための土壌がないことを認めています。 そうですか?

前述のように、「アラブの春」で起こったことは、アラブの人々が民主化ではなく、彼らが望むものを彼らに与えた支配者を望んでいたなら、おそらく素晴らしいことです。 おそらく多くのアラブ人は、民主化を通じて政府の運営に責任を持つことに興味がありません。 国民によって選ばれた政府が彼らが望むものを与えることができないならば、それを選ぶ人々も責任があります。 そのような民主主義の代わりに、彼は非民主的に選出された統治者を要求するスタイルを選びました、そして要求が満たされないならば、彼は立ち上がって統治者の頭を取り替えました。 それは「春」の現実かもしれません。

少なくとも今のところ、アラブの人々は自分たちが走って国を変える気があるかどうかについて懐疑的でなければなりません。 上記のエコノミスト社説は教育に希望を委ねていますが、アラブ世界の教育はそれ自体で物事を考える習慣がないため、あまり有望ではないかもしれません。 民主主義と多様な意見を認める社会の価値を理解し、支持するのは一部の西洋の教育を受けた若者だけですが、残念ながら地元のアラブ人の大多数はそうしています。 貢献しません。

おすすめの記事