人々の「心の声」に直面し大きな改革が行われてきたIT分野

「IT革命」が流行語賞を受賞した2000年以来、IT分野で大きな改革が行われてきました。 2009年の常会では、約20年前に制定された「IT基本法」とその関連法の改正・立法が予定されており、2009年9月には「デジタルエージェンシー」が本格的に発足する。 500人の。 ..このため、菅政権は発足直後から専門家会議を数回開催し、急速に議論を重ねている。 2008年末、内閣は「デジタル社会実現のための改革の基本方針」と「デジタル政府実施計画」を決定し、「データ戦略タスクフォース第一まとめ」を発表した。

この改革の理由は、特別定額給付制度などの新しいコロナウイルスに対応してITを活用するのに苦労したためです。

それだけではありません。 今後、人口減少が進む社会では、高齢化に伴い増加の一途をたどる福祉などの行政ニーズに、現在よりも少ない人員と予算で対応する必要があります。

これらの問題は、デジタル化によってオンライン、自動化、データ利用などを通じてデジタルトランスフォーメーションを進めることで解決できます。 社会問題に加えて、市民一人ひとりが対面での手続き、カウンターに行く時間と労力、身体的負担を軽減するというメリットがあり、データを活用することで、彼らに合ったサービスを受けることができます。 ある。 その結果、日本は欧米、中国、新興国が発展しているIT分野のグローバル競争に追いつくことができるでしょう。

政府は、各省庁が縦に構築した情報システムのインフラをクラウドに統合します。 2013年までに、地方自治体の17の主要な業務(居住者記録、地方税、介護保険など)のシステムが標準化および標準化され、これに基づいて行われます。 政府は、こうしたシステム統合とデータ連携の強化を中心に、社会全体のデジタル化を加速させることを目指しています。

しかし、デジタルエージェンシーが「ハコ」を用意したからといって、デジタル改革が進むわけではありません。 そもそも、これは政府が横断的組織を作り、力強く前進するという口実の下で実施された最初のデジタル改革ではありません。 IT基本法により設立されたIT戦略本部の活動や、政府のCIO(最高情報責任者)を任命し、IT戦略本部をIT「総合」に変更することによる13年間の体制強化についても同様である。 「戦略本部。 私は歌っています。

しかし、結局、新しいコロナサポートは「デジタル敗北」をもたらしました。 政府や地方自治体は、これまでに学んだ反省や教訓を踏まえ、今回の失敗を繰り返さないよう改革を進める必要があります。 また、「マイナンバーカードの普及」「クラスター対策における個人データの活用」に対する政府の対応や、国民や民間企業の反応も参考になります。

おすすめの記事