国の分裂修復を期待して発足されたバイデンの米国政権。

バイデンの米国政権は、国の分割を修復することを期待して発足しました。

新大統領は、予想外の行動で人々と世界を投げ続けた前任者のドナルド・トランプ、初代黒人大統領のバラク・オバマ、女性の魅力を示さなかったビル・クリントンなどの前任者になる。 私たちと比べると、話すべきエピソードは少ないようです。

しかし、彼の長年の議会での成功と彼の言動を見ると、古い政治家の実像とバイデンの素顔を見ることができます。

公聴会で示された思いやり

彼は強い男である場合もあれば、皮肉な男である場合もあり、荒っぽい叔父である場合もあります。

昭和の名俳優・片岡千恵蔵を演じる探偵の番内タラオが、マスクを脱いでその言葉を真似たときのバイデンさんの話はどうですか? 古いたとえ話を持ち出してすみません。

私が初めてバイデン氏に焦点を合わせたのは、1991年10月の最高裁判所の指名公聴会でした。

当時、バイデンは上院司法委員長として、ブッシュ大統領(前任者)から最高裁判所裁判官に指名されたクラレンス・トーマスの信念を問う公聴会を主宰しました。

指名された後、トーマスはFBI(連邦捜査局)などの身元調査で、元雇用機会均等委員会(EEOC)の幹部時代に女性からセクハラを受けていたと指摘しました。 聴聞会は難しいと予想されていました。

オクラホマ大学のアニタヒル教授が被害を訴え、聴聞会に出席し、被害について証言し始めると、入り口付近でブーンという声が聞こえた。 そのレベルでは、議長は通常それを無視して手続きを続行しますが、バイデンはそれと関係があるかもしれません。

手続きを中断してスタッフに「どうしたの?」と尋ねると、目撃者のヒルさんは意外と恥ずかしそうに「両親。部屋に連れて行けないようだ」と言った。

バイデン氏はすぐに「入ってください。椅子を用意します」と言って、証人席の近くに案内した。

当時ニューヨークに滞在していた作者はこのテレビ放送を見ていましたが、緊張して証言した娘と一緒にいたいという両親の願望を実現するために、手続きに関係なく独自の指示を出しました。 バイデンさんには心温まる気持ちでした。

しかし、後で聞いたとき、バイデン氏はヒル氏に「このヒアリングを進めなければならないので、あなたの弁護士と家族は必ずしも最前列にいる必要はない」と言った。 報告されています。

たぶんマイクはそれを拾わなかった、私はそれをテレビで聞くことができなかった、しかしこれは後で蒸し上げられて問題になった。 後で触れます。

トーマス裁判官の指名に関しては、最終的に上院本会議で承認されました。 裁判官の指名については、ヒル教授以外にも、支持、不承認、様々な目撃者、日曜日の深夜から月曜日の夜明けまでの終夜聴聞会などのドラマがたくさんありますが、省略します。

目撃者に不合理な言葉を投げる

私がワシントンで特派員に任命された1995年まで、私はバイデン氏を間近で見た。 当時、彼は上院外交委員であり、キャピトルヒル(議会の別名)の強力な人物であり、押されたり押されたりすることはありませんでした。

1998年9月、上院外交委員会は、米国政府高官が大量破壊兵器の処分に関する国連特別委員会(UNSCOM)に調査に「合理性」を追加するよう圧力をかけた疑いを提起した。 公聴会を開催しました。

干渉に抗議して辞任した米国の上級検査官は、マデレーン・オルブライト国務長官と他のクリントン政権の高官を指名し、「正式な支持姿勢をとっている間、検査は実際に圧力を受けて停止された。我々はそれを延期する予定だった。 「彼は非難した。

この時、バイデン会長は検査官を見ながら突然恐ろしい声を上げた。 「国務長官はあなたよりもはるかに重要な仕事をしています。あなたはそれを知っていますか?」 彼は言葉にできない発言で人々を驚かせた。

検査官はバイデン氏を見つめているだけで議論はしなかったが、国務長官または世界の脅威を排除するために働いた1人の検査官の熱意と公平さであった。 変わらないはずで、低い位置にいるからといって不合理な言葉でプライドを傷つけられた検査官の後悔は、推測しがたいものだった。

クリントン政権は、イラクとの関係を築き、厄介な事態を避けたかったため、査察団を調査しようとしたとされるが、バイデンの発言はうまくいかなかったかもしれないが、その後、疑惑が高まっている。 廃止されました。

最終的には、次のブッシュ政権(子供)に引き継がれ、イラク戦争につながる。

イラク戦争でサダム・フセイン政権が崩壊した後も大量破壊兵器が発見されなかったことはよく知られており、当時、大量破壊兵器の存在を終わらせていたら、イラク戦争には至らなかったでしょう。 。 可能性を指摘する皮もあります。

ちなみに、バイデン氏は2003年のイラク戦争に賛成票を投じ、終戦後は慎重になり、軍隊の増員に反対した。

おすすめの記事