スペインにおける安楽死の合法化での社会的分裂

昨年12月17日、スペインの衆議院は、長年の議論の末、過半数の賛成で「安楽死法案」を可決しました。 カトリック信仰の強い国で安楽死が認められるのはヨーロッパで初めてです。

賛成198、反対138で法案が可決されたとき、与党社会主義労働者党の党員と賛成票を投じた過激な左派ポデモスが立ち上がって拍手喝采した。 サンチェス首相は、それが「主要な社会的克服」であり、「自由と尊厳の進歩」であると強調した。

一方、最大の反対派である国民党と極右政党のボックス議員は、医療費を節約する法案に反対し、「国民、医療、社会の敗北」だと主張した。

安楽死を希望する患者さんは、「15日で2回」を申請し、「2人の医師と検査委員会の承認」を取得することで、わずか40日でこれを達成することができます。 次のいずれかの方法で死ぬことができます。

1つは「攻撃的な安楽死」で、医師が致命的な薬を投与します。 もう1つは「自殺幇助」で、医師が処方した致命的な薬を服用するか、点滴に含まれる致命的な薬を体内に流し込みます。

ヨーロッパでは、オランダが「要求された終末期および自殺幇助法」を制定した2002年以来、ベルギーとルクセンブルグは容認し続けています。 スイスとドイツでは「自殺幇助」のみが可能です。

スペインでは、ガールフレンドの助けを借りて26年間寝たきりになっていた進行麻痺の男性が、1998年に亡くなり、映画化されて世界中の注目を集めました。 最近でも安楽死の議論が続いており、難治性の神経疾患で妻を助け殺した男性の裁判が続いています。

国の2019年の世論調査によると、人口の87%は、「回復の見込みがない患者は、医師に致命的な薬を求める権利がある」と信じています。 彼らの多くは敬虔なカトリック教徒ではないことも明らかになり、世俗化の進展が現れました。

安楽死論争に直接反対してきたスペイン聖職者協会は、法案が可決された後、「疑わしいほど早い決定」であると非難した。 彼は政府を批判し、「私は国民の意見や対話を無視し、パンデミックと非常事態の間を進んだ(法案を可決した)」と述べた。

しかし一方で、死を人間の尊厳として自己決定する権利を主張するスペインの尊厳と死の協会の会長であるハビエル・ベラスコは、「安楽死を強制するものではない。それは権利であり、そうではない」と国民に強調した。義務。」 ..

世界では、安楽死への動きが着実に進んでいます。 しかし、この権利は本当に人間の自由と尊厳を保証することができますか? 現在の状況では、明確な答えは見つかりません。

おすすめの記事