イスラエルとパレスチナの間のトランプ大統領

1月28日、トランプ大統領は、イスラエルとパレスチナの間の中東の平和計画を発表しました。 計画の要点は以下のとおりです。

-エルサレムは、イスラエルの不可分の首都であり続けます。 パレスチナの「国家」の首都はエルサレム東部にあります(注:パレスチナ側が主権を主張している東パレスチナではなく、その外側の近隣地域)。

-ヨルダン渓谷とヨルダン川西岸のすべての入植地に対するイスラエルの主権を認める(注:パレスチナ側は地域全体の主権を主張している)。

-パレスチナの「国家」は、国境、領空、領海、国際問題の管理を含む通常の主権から厳しく制限されており、イスラエルは、パレスチナの領土に軍隊を派遣する権利を含む「安全保障責任」を保持しています。

-将来パレスチナの領土と見なされる集落は、今後4年間は現在の規模を超えて拡大することはありません。

今後のトランプ中東平和計画は驚くべきものです。 トランプ氏は1月28日にワシントンで行われたネタニヤフ首相との共同記者会見で、「私の計画は双方に双方にメリットのある機会を提供する。パレスチナ国家の樹立はイスラエルの安全を脅かすことはない。現実的な2つだ」と述べた。 -国家共存計画。」しかし、それは平和計画と呼ばれるに値するものではありません。

和平は両党の合意なしには達成できないが、トランプの今後の和平計画は、相手国であるパレスチナとの協議なしにイスラエルとの協議結果を公表することである。 したがって、平和につながる可能性はないと言えます。 パレスチナ側は平和計画を拒否し、歴史的な侮辱と呼んだ。 この平和計画の公表は、中東における平和の公正な仲介者としての米国の役割が終了することを意味します。

中東は、イラン、トルコ、ユダヤ人、アラブ人の4つの民族が殺到する地域と見なすことができます。 この4つのうち、イランとトルコは中東の平和計画を強く批判しています。 アラブ側については、アラブ首長国連邦、オマーン、バーレーンの大使が計画が発表されたホワイトハウス会議に出席し、エジプトは平和計画を慎重に検討すべきだと述べた。 、ジョーダンは批判的な立場を示しており、分裂した状況にあるようです。 しかし、アラブ国民はパレスチナに同情しており、将来的にはアラブ諸国の対応に影響を与える可能性があります。

この平和計画は、強制的に領土を拡大することを禁じている戦後の国際法の重要な規範に違反する愚かさです。 ロシアは2014年にクリミアを併合しました。当然、それは国際法に反する違法行為です。 1967年にイスラエルが占領した非所有領土を併合することの違法性は本質的に同じですが、占領後の所要時間はクリミアの併合とは異なります。 ヨーロッパ諸国も日本もそのような違法なことを支持することはできません。

この中東の平和計画は、トランプが再選されなかった場合、その段階では無意味であり、トランプが再選された場合、実施に時間がかかり、最終的には歴史のゴミ箱に捨てられます。

おすすめの記事