米国大統領選挙民主党候補急進左派バーニー・サンダース

左派のバーニー・サンダース(78)とセントリストのピート・ブティジエゲ(38)を急ぐ米国大統領選挙民主党の候補者全米でトップの巨大な財政力と強力な選挙制度をめぐる戦いの激化誇り高き候補者マイク・ブランバーグの評価と承認評価(元ニューヨーク市長)(77)が上昇し始めた。

ロイターは11日、コンサルティング会社IPSOSと共同で実施した最新の大統領候補承認率に関する世論調査の結果を発表した。 報告書によると、選挙登録を完了した無党派の民主党支持と候補支持率、各州の党員集会と予備選挙にまだ参加していないブルームバーグ候補は、前回の調査から6ポイント増加して15%になりました。 3位。一方、前回まで首位だったジョー・バイデン(77)は5ポイント下がって17%、サンダースが20%で1位だった。 エリザベスウォーレン(11%)とブティジエゲ(8%)が3位以下になりました。

さらに、11月の決勝でトランプ大統領との一騎打ちに勝つ可能性について民主党と共和党の両方の登録有権者に尋ねたところ、候補者のサンダースとブルームバーグの両方が同じ割合でリーダーになり、トランプ氏を4敗した。 %それぞれ。 私は答えました。

ほぼ同時期に、選挙関連の調査で定評のあるキニピアク大学が、先週10日までに選挙に登録した全国1519人の有権者の態度調査の結果を発表した。

報告書によると、ブランバーグ氏の支持率は、サンダース氏(25%)とバイデン氏(17%)に続いて3位(15%)に上昇し、トップのブティジエゲ氏の支持を上回った。候補者選択の最初のラウンドアイオワコーカス。 結果はでした。

トランプ氏との対立のオッズについて尋ねられたとき、有権者はブルームバーグが51%対42%、サンダースが51%対43%、そしてバイデンが50%対43%で勝つと述べました。 まだ予備選挙に出馬していないブルームバーグは、トランプとの試合で「最も勝った候補」と評価された。

おすすめの記事