地元の大学生における国家公務員の一般雇用(いわゆるキャリア雇用)の難しさ。

地元の大学生は、国の公務員の厳しい試験(いわゆるキャリアポジション)に合格しているものの、地方の県庁や市役所に就職する傾向が顕著です。 2019年に大学の合格者数で10位にランクされた岡山大学の場合、55人の合格者のうち10人未満(女性26人)が実際に中央政府に就職した。 隣の広島大学では37人が合格しましたが、霞が関でのキャリアは6人に過ぎませんでした。

試験を受けることは強さのテストです

では、そもそも試験を受ける目的は何ですか? 岡山大学で国家公務員の一般就職試験を受ける傾向が高まったのは約15年前のことであり、過去5年間で合格者数は大幅に増加しています。 2007年度の合格者55名のうち、49名が大卒者であり、大学院卒業者を除く大卒者数では6位でした。

大学の法学部、経済学部、文学部、農学部、環境科学工学部の学生が試験を受けます。 センターは法と経済学、文学の3学部(合計約600人の学生)であり、200人以上が試験を受けています。 なかでも毎年40〜50人の通行人が出ており、合格率は高い。

しかし、合格者の多くは東京に行かず、岡山県庁を含む地元の県庁や市役所に就職する傾向があります。 周りの学生が受験しているように、受験意欲がないようですので、体力のテストとして受けてみましょう。

岡山大学教育学生支援機構の坂入真也教授は、「ここの学生は真面目で頑固だ。一般就職試験に合格しても面接に行かない地域志向の学生が多いが、国民の卒業生だ」と語った。大学。試験に合格したので、もう少しセンターでの就職を目指したい」と語った。

大学は学生をサポートしています

大学は合格率の引き上げも支援しています。 岡山大学では全国公務員試験コースを設けており、3年生の6月から約1年間、元の授業が終わった夕方から2〜3時間かけて受講します。 長年開催されていることから、学生や先輩がアドバイスを受けたり、入試の準備を効率的に行ったりできると言われています。 このコースは大学の外部請負業者によって実施され、模擬試験もあります。いわば、国家公務員試験に合格することを目的としたキャンパス内の予備校のようなものです。

広島大学では、合格者が東京の中央政府に面接する際に、「政府訪問支援基金」として一人当たり約5万円の助成を行うなどの財政支援も行っています。 週に3回くらい中央政府に面接する必要があり、その間に東京に滞在すると3週間かかり、宿泊費がかかります。

また、面接ごとに東京と広島を行き来するのも費用がかかります。 大学キャリア支援グループ副グループリーダーの渡辺淳氏は、「霞が関に就職するために面接を受ける学生にとって、東京への往復はかなりの負担になるため、大学として支援している。安いカプセルホテルで面接をしているし、地元の学生が中央官庁に就職するのにハードルがある」と語った。

おすすめの記事