インドでは、2019年12月11日に衆議院で市民権法を改正する法案を制定。

インドでは、2019年12月11日に市民権法を改正する法案が衆議院で可決され、大統領の同意を得て2019年12月12日に改正が公布されました。 この市民権法の改正により、インドは、2014年12月31日より前にインドに入国したアフガニスタン、バングラデシュ、パキスタンからのヒンズー教徒、シーク教徒、仏教徒、ジーナ、ゾロアストリアン、キリスト教難民に反対しています。市民権が付与されます。

ここで私たちが気付いたのは、この市民権法の改正はイスラム教徒の難民の市民権を認めていないということです。 与党のインド人民党(BJP)は、アフガニスタン、バングラデシュ、パキスタンはイスラム諸国であり、迫害された少数派である難民を受け入れていると説明している。 しかし、インドにはスリランカやミャンマーの仏教国から逃げてきたイスラム教徒の難民もいます。 なぜこれらのイスラム教徒が排除されたのか、モディ首相がヒンドゥー教に傾倒しすぎたのかという批判があり、改正市民権法が可決されたとき、首都ニューデリーで抗議行動が起こった。

英国のエコノミストの1月25〜31日号の表紙には、「不寛容なインド:モディが世界最大の民主主義をどのように危険にさらしているのか」と書かれています。 有る。

改正された市民権法は、イスラム教徒と非イスラム教徒を区別し、前者に市民権を付与することをより困難にします。 これは、不寛容ではなくイスラム教を差別する政策です。

ユダヤ人、黒人、イスラム教徒など、その人がしたことではなく、どのような人にとって不利であるかは、行われるべきではない差別と見なされます。 このような差別的な法律は、インド憲法の下では問題があるように思われます。 エコノミスト社説の1月25日から31日号は、最高裁判所はそれを違憲と宣言すべきであると主張しているが、それは根拠があるだろう。

インドは、さまざまな宗教が共存する世界最大の民主主義国として存在し続けることが世界にとって重要です。 中国の人口は14億人で、中国人や外国人の中には民主主義を実行できないと言う人もいますが、インドはその理論に反する生きた証拠を提供しています。 インドの民主主義を擁護することにより、モディ首相はこの点で重要な貢献をすることができ、人口の規模と多様性にもかかわらず民主的統治が機能することを示しています。

民主主義は、大多数の人々が望む政府と政策として理解されることがよくありますが、選挙で権力を獲得した場合に少数派を差別する政策で大多数が望むことを何でもできるという意味ではありません。 ..人権の尊重など、自由主義の考えから来る制約を尊重しない限り、民主主義は適切に機能しません。

英語では自由民主主義と呼ばれていますが、民主主義体制の用語としては適切な表現のようです。 来るべき市民権法は、人権を無視する差別法と呼ぶことができ、自由民主主義を弱体化させます。 また、自由民主主義は様々な思想が競争する社会を前提とし、自由民主主義の運営は価値判断に関して特定の思想を課さない中立と政教分離を前提としている。 言い換えれば、それは世俗国家としてのみ保持されます。

インドでは、ヒンドゥー教の価値観を最高のものとして課すことは、自由民主主義に反対するでしょう。 社会のさまざまなメンバー間の対立を劇的に表現することは、国内の大多数のヒンズー教徒の支持を固めるのに役立つでしょうが、それは禁じられた手を使うようです。

モディ首相は、現在でも政権を維持するために国民から十分な支援を受けている。 それがインド社会を分裂させ、イスラム教徒とヒンズー教徒に立ち向かい、両者の対立においてインドの民主主義を機能不全にするのは残念なことです。

モディは、ヒンドゥー教やイスラム社会の敵意を煽る代わりに、人々の心に届く別の方法を探す必要があります。 今日必要なのは分裂よりも和解であり、インドの統一であるように思われます。

おすすめの記事