1月15日に署名された第一段階の米中貿易協定のいくつか

1月15日に署名された米中貿易協定の第一段階は私たちにいくつかのことを教えてくれました。

1つ目は、過去2年間のトランプ政権の関税に基づく保護貿易主義の実験が誤りであることが証明されたことです。 つまり、関税が貿易障壁を引き上げたとしても、国内製造業は活性化せず、貿易赤字全体は期待通りに改善しない。 2019年11月までに、米国の対中貿易赤字は560億ドル減少しましたが、中国以外では490億ドル増加し、合計で70億ドルの減少にとどまりました。 ちなみに、この減少は米国の石油輸入の減少とほぼ釣り合っています。

第二に、米中合意がこれらの失敗を罰し、自由貿易の原則に戻ることであったならば、世界は歓声を上げていただろう。 しかし、現実には、保護貿易主義は、自由貿易の反対である管理貿易の「量」によって強化されるでしょう。 数量目標の管理された貿易は、貿易転換効果を生み出すだけであり、市場競争を通じて貿易を拡大するためのメカニズムは含まれていません。 中国当局は、数値目標に関する日本のかつての苦い経験を​​学んでいない。 例えば、日米半導体協定(サイドレター)における外国の半導体シェアは20%を目標としていました。 日本の経験は、数値目標が市場メカニズムに人工的な枠組みを適合させ、業界だけでなく経済全体の成長を損なうことを証明しています。

三つ目は、米国と中国の間の数値目標の実現可能性です。 中国人は、この2,000億ドルの「爆弾購入」は簡単に達成できると読むかもしれませんが、多くの副作用が予想されます。 ちなみに、リーマンショック直後の4兆元(約57兆円)の多額の投資は世界経済を救ったが、その副作用は依然として大きい。 この数値目標についても同じことが言えると思います。 そのうちの一つは貿易転換ですが、問題は第三国からの輸入と米国からの非対象品目をどのように減らすかです。 差別的な関税政策で貿易転換が試みられた場合、それはWTOの無差別原則の精神に反します。

もう一つのポイントは、米国の農業生産が中国の「爆弾購入」に沿ってスムーズに増加するかどうかです。 言い換えれば、私たちは、管理された貿易の非市場メカニズムによって、個々の品目の世界的な需要と供給を一致させるという大きな課題に直面しています。 ちなみに、大豆などの主要農産物の先物価格は、米中合意以降上昇していないことを指摘したい。 たとえば、3月13日に配信された大豆先物の価格は昨年末に956セント/ブッシェルでしたが、1月27日に898セントに下落しました。これは、市場筋が「爆弾購入」の数値を見ていることを意味します。それとも、貿易シフトがスムーズに機能し、世界の農産物の需給が変わらない、あるいは米国の農産物が変わらない、と彼らは読んでいます。 それがタイムリーに生産されることを彼らが読んだかどうかは不明です。 今後も注視する必要がありますが、世界の農産物の需給が合わず、農産物の価格が大きく上下する可能性があります。

最後になりましたが、トランプ政権が昨年9月に指定した為替操作国から中国が取引直前に撤去されたことを歓迎します。 しかし、「為替レートは市場に委ねられている」というこのメッセージは、FRBの将来の金融政策の自由を狭めるかどうかは少し不確かです。 トランプ大統領の発言に注目したい。

おすすめの記事