シリア

シリアのアサド政権は、反体制派の最後の基地である北西部のイドリブ州を攻撃し続けており、州に駐留しているトルコ軍との砲撃戦に従事し、本格的な衝突で緊張を高めています。 政権軍とロシア軍の空爆を恐れた約60万人の住民がトルコとの国境を襲い、深刻な人道危機が発生したため、国際的な支援が急務となっている。

エルドアンの「最後通告」

全国的な奪還作戦を進めているアサド政権は、昨年12月にイドリブ県に対する攻勢を開始し、先月州で2番目に大きな都市であるマーラトヌマンを占領し、今月8日に戦略戦略ポイントのサラケブを征服した。 その結果、政権はアレッポの北部の大都市と首都ダマスカスを結ぶ幹線道路を確保し、土地全体の支配にはるかに近づきました。

ロシアは、アサド政権に対する空爆を支持しています。 イランから派遣されたレバノンの武装集団ヒズボラとイラク、アフガニスタンのシーア派民兵、ロシアの傭兵部隊が陸戦を支援している。 政権軍の反対派は、トルコに支援された「シリア国軍」や国際テロ組織アルカイダの過激な「シリア解放戦線」(旧ヌスラ戦線)などの反対派である。 「シリア解放戦線」にはまだ約3万人の戦闘員がいると推定されています。

トルコはこれまで、ユーフラテスシールド(2016年)、オリーブ支部(2018年)、春の平和(春の平和)でシリアのクルド人民防衛隊(YPG)を一掃しようと試みてきました。 3つの国境を越えた作戦でシリアに侵入した(2019)。 「春の平和」作戦では、国境地帯のシリア側に「安全地帯」が設置された。

一方、トルコは、ロシアとイドリブ県の間の停戦に合意し、アサド政権と反体制派を分離するために、州内とその周辺に12の監視基地を設置した。 これは、彼がシリアの領土で影響力を確保し、イドリブ州での激しい戦闘によるさらなる難民を避けたいためです。 トルコにはすでに約350万人のシリア難民がおり、これ以上の難民の増加に耐えられない立​​場にあります。

しかし、アサド政権は、トルコの繰り返しの警告を無視して、イドリブ州への攻撃を強化しました。 2月3日、トルコ軍はアサド政権による攻撃で8人のトルコ人兵士の死を反撃し、数十人を殺害した。 しかし、アサド政権は前進を続けており、トルコはイドリブ州に援軍を送ることで対応しています。

トルコのエルドアン大統領は、今月末までに政権の軍隊が撤退することを要求し、彼らが応答しなかった場合、彼らは強制的に撤退することを「最後通告」し、2つの軍隊間の緊張が高まっている。 国連によると、政府とロシア軍による空爆により、過去2か月で約300人の住民が死亡した。 県内の300万人の住民のうち、半数が難民になり、60万人が戦争から逃れてトルコ北部の国境に避難し、寒い時期に路上生活を余儀なくされました。 60万人の半分は子供です。

おすすめの記事