中国の習近平国家主席がミャンマーを訪問

中国の習近平主席とアウンサンスーチー国家顧問が会談し、地域全体に基づいて30以上の項目の経済協力が合意された。 ミャンマーは、中国の一帯一路構想の要となる重要な国であり、「中国=ミャンマー経済回廊」の実現に向けて取り組んでいます。 また、「回廊」の一部であるベンガル湾のチャウピュー港は、マラッカ海峡を経由せずに中国内陸部とインド洋を結んでおり、中国にとって大きな戦略的意義を持っています。 習近平は2001年に中国の胡錦濤として江沢民以来19年ぶりにミャンマーを訪れ、中国の新時代を提唱しており、ミャンマーは中国がどのように関係に焦点を合わせるかを示すものです。

一方、中国の経済的存在はミャンマーにとって圧倒的であり、ミャンマーの経済発展は中国なしでは考えられない。 また、西側の国際社会から批判されているロヒンギャ問題については、中国がミャンマーの肩を担っており、安心できる存在である。 残りの少数民族の紛争は、中国と関係のある武装集団によるものです。 具体的には、最大の軍隊は約3万人であり、1989年の設立以来、中国と結ばれているのは「ワ州連合軍」である。「ワ州連合軍」に後押しされた2つの新しい軍隊が今年は政府軍との激しい戦い。 したがって、中国は将来の停戦に不可欠です。

2010年代初頭を振り返ると、テインセイン政権は軍事政権下で改革を推進し、少数民族の武装集団との平和を推進し、西側諸国との関係を強化しました。 ミャンマーを戦略的パートナーとして維持したい中国にとって、それは面白くない展開でした。 しかし、事実上のスチ政権が交代して以来、経済的・少数民族的対策、特にロヒンギャ問題により、一連の管理ミスが発生し、中国への依存に戻る傾向が強まっている。

しかし、それはミャンマーが中国の要求をただ飲んでいるという意味ではありません。 最近の例は、チャウピューの深海港プロジェクトです。これは、もともと中国によって73億ドルに設定され、13億ドルに再交渉されました。 また、ミャンマーの習近平が中国側を訪問した今回の水力発電所建設計画の36億ドルの合意は、合意を望んでいなかった。 ミャンマーは中国に飲み込まれないように警戒しており、歴史的に一定の距離を保つよう努めてきました。 それは中国の大国の隣国の知恵でしょう。

日本は常にミャンマーを強調しており、協力する努力を惜しまない。 2017年までに、1兆1,300億円以上の融資、3,000億円以上の助成、880億円以上の技術協力を提供しています。 日本のミャンマーへの直接投資は、2008年から2017年の間に150億ドルを超え、圧倒的に高かった。 日本はまた、ミャンマー政府の内政における最大の問題の一つであった少数民族の過激派との和平達成に全面的に協力した。

ミャンマーにおける中国のプレゼンスは圧倒的であり、ミャンマーは将来の経済発展を促進するために中国に大きく依存する必要がありますが、中国から一定の距離を保つことが基本的なスタンスであるため、今後も継続します。 西側、特に日本は大きな転換期を迎えています。 日本は、ミャンマーの期待に応えるために、経済的かつ外交的にミャンマーを積極的に支援し続ける必要がある。

おすすめの記事