中央官庁でのキャリアを目指す国家公務員一般雇用試験の志願者数

中央官庁での就職を目指す公務員一般就職試験の応募者数は減少傾向にあるものの、東京大学卒業生の公務員志向が強い卒業生の合格者数は激減している。大学でトップの座を維持することをお勧めします。 しかし、東京大学の学生の「退職キャリア」が強調されています。 しかし、「霞が関」の中央官庁に任命された大学を見ると、東京大学の卒業生は「指定席」をしっかりと確保しているようであり、それを採用している官公庁は依然として「東大ブランド」。

先行しているが17%まで下がっている

人事院によると、東京大学の2019年試験の合格者(大学院生を含む)は1798人中307人で、東京大学の比率は17.0%と史上最低でした。 ..

ちなみに、2位は京都大学126名、3位は早稲田大学97名、4位は北海道大学81名、5位は東北大学と慶應義塾大学75名、7位は場所は66人の九州大学です。 8位は中央大学59名、9位は大阪大学58名。 京都大学は毎年2位で、早慶戦、慶應義塾大学、地元の国立大学がそれに続きます。

過去を振り返ると、2018年度の合格者1797人のうち、329人が東京大学の卒業生で、18.3%を占めています。 しかし、2010年には428人が32.5%、2006年には457人が28.7%、2000年には392人が31.9%で、3人に1人が東京大学を卒業しました。

特に、2010年頃までは、東京大学法学部の卒業生が職業試験に合格するのは当然のことでした。 しかし、同年頃から東京大学の合格者の割合は減少し、私立大学や地方大学の数も増えています。

では、なぜ東京大学の学生は国家公務員試験を離れるのですか? と東京大学に連絡したところ、「大学としてはコメントしません」との返事がありました。

おすすめの記事