「小さな政府」を提唱すべきだったトランプ共和党政権下

「小さな政府」を提唱すべきだったトランプ共和党政権下では、財政赤字は着実に拡大している。 社会保障などの社会サービスの改善に対する国民の要求が高まるにつれ、「大きな政府」と避けられない「新保守主義」の議論が党内でより活発になっている。

ブルームバーグニュースは今月13日、2020年第1四半期の米国の財政赤字は3,566億ドルで、前年比11.8%増加したと報じました。 赤字は年末(今年の9月)に1兆ドルを超えると予想されています。

赤字の増加の3つの主な要因は、(1)社会保障支出、(2)防衛費、および(3)メディケアです。 同時に、社会保障支出は2,850億ドル、国防費は1,870億ドル、メディケアは3,930億ドルでした。 ドルの赤字は増加した。

歴代政権下でも財政赤字は拡大を続けている。 レーガン政権下の8年間で、186%増の1.86兆ドル、ジョージWブッシュ政権下の101%増の5.894兆ドル、オバマ政権下の74%増の8.5880ドルを記録しました。 ing。

財務省は、2021年1月末までの最初の4年間のトランプ政権の赤字は25%増加して5.88兆ドルになり、彼が2期目を務める場合は9.1兆ドルになると見積もっています。 に拡大すると言われています。 言い換えれば、赤字はオバマ政権時代よりもさらに拡大するだろう。

特別な事情で多額の支出を余儀なくされた元大統領とは異なり、トランプ政権は「平時予算」にもかかわらず増え続けていることは注目に値する。

レーガン政権の場合、世界各地への軍事拡大に着手したソビエト連邦に対応して、軍事費が増加し(34%増)、大規模な実施により歳入が減少した。カーター政権以来低迷していた経済再建のための減税。 そして、「同時多発テロ」後のアフガニスタン戦争とイラク戦争に関連した支出、そしてオバマ政権下で、2008年以降の深刻な世界的不況から脱出するための大規模な経済刺激策がありました。世界危機それぞれが対策などの予期せぬ費用を抱えていたことを忘れないでください。

おすすめの記事