政府は「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の中で「観光」を重要視。

政府は「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の中で「観光を通じて地域の活性化を実現する必要がある」と述べた。 そのために、この戦略は、DMO(Destination Management / Marketing Organization)を中心としたポリシーを初めて設定しました。

DMOとは、観光産業の振興を目的として観光庁から認定された法人を指します。 もともと欧米には、DMOやDMC(デスティネーションマネジメントカンパニー)などの組織があり、コンベンションを誘って地元の宿泊施設からお金を稼いでいます。 日本版のDMO認証制度は、日本の伝統的な観光協会のような業界団体ではなく、公的部門と民間部門を模倣して作成すべきであるとの議論の末に設立されました。 2019年8月7日現在、136社がDMOとして登録されており、116社が候補となっています。

政府は地域活性化促進助成金として1,000億円の予算を組んでいますが、日本語版のDMOも支援対象メニューに含まれており、地域活性化の重要な位置を占めています。 その結果、DMOは全国に設立されました。

しかし、DMOの運営においては、「財源」や「人的資源」に関する問題が引き続き指摘されている。 そもそも、西側のDMOは、多くの場合、独自の財源で運営されています。 企画段階では、補助金に加えて、独立予約サイト、マーケティングレポート販売、特産品販売などの独立財源の組み合わせを目指していた日本のDMOが多かった。

しかし、観光庁が開催した「世界一流DMOの理想のあり方に関する研究会」では、次々と次のような点が指摘されました。 財源については、「多くのDMOは、安定した多様な財源の確保に問題を抱えている。特に、受益者負担の観点から特定の財源を確保する取り組みの例は少ない」と述べた。 人材面では、「地方自治体、広告代理店、地元企業などからの出向が多い組織では、専門的なスキルや人的つながりを継承することが難しいため、専門知識の維持・向上が必要である。 「問題があります」が典型的な例です。

また、地方では「早めに設置しないと補助金や助成金がもらえない」という声が多く聞かれます。

財源の問題に対応して、一部の地域では、入浴税や観光税などの観光に関連する地方自治体の税収を固定DMO財源として使用する動きがあります。 そして、そもそもDMOは収益性の高い組織ではないと聞いています。

おすすめの記事