若い官僚が多数退職した事を経済産業省が報告。

経済産業省の若い官僚が多数退職したと報告した。しかし、なぜこれが起こったのか、霞が関の作品の驚くべき現実を垣間見る…

政府は民間に「働き方改革」を発表したが、中央政府のひざまずいた「改革」はほとんど進んでいない。 労働力不足は深刻化しており、労働環境が改善されなければ、就職希望者が減るだけでなく、経済産業省などの中途採用者も増える可能性がある。増加する。 これらが蓄積され、国の公務員の立場が嫌われ、国政の中心となる優秀な人材が集まらなければ、今後の日本全体への影響は大きい。

無駄の多い国会を待つ

典型的な例は、国会の開会時に質問への回答を準備するという重労働です。 与野党の合意によると、建設2日前に政府に質問を提出するが、ほとんどフォローされておらず、前日に野党からの質問が多い。 その場合、質問を受けた後、関係省庁に分別し、担当課が回答内容の作成を急ぐ。

主にキャリアポジションのアシスタントセクションチーフによって実行されますが、いわゆる非キャリアポジションも準備作業で忙しいです。 関連する点が多いと、答えるのに時間がかかり、夜遅く、夜通しになることがよくあります。 担当課長補佐は朝帰宅して翌日は普通に働くことがあり、国会を待つ無駄な時間が多いと倦怠感が溜まります。

回答が完成したら、委員会の議員に配布するために数十部のコピーをコピーする必要があります。 厚生労働省は以前は自転車で回答の写しを持っていたようで、ペーパーレス化はまだ遅れているようです。

中央省庁の労働組合が主催する霞が関全国公務員労働組合合同闘争会議の調査によると、2018年の月平均残業時間は約37時間で、80時間以上で9.8%、 100時間。 厚生労働省が発表した19年間の労働統計によると、全産業の従業員の1日労働時間は7〜8時間であり、この数字を見ると、民間部門の残業時間はかなり減った「霞が関」雲と泥の違いです。

2018年の「働き方改革」に関連した慶應義塾大学「霞が関」の健康状態調査の結果によると、自殺率は民間の1.5倍、メンタルヘルスは3倍、最近では4回です。 数字は出ています。 「霞が関​​」は、長期の残業の正常化による心身の倦怠感で病気になります。 私たちがすぐに行動を起こさなければ、それは国にとって損失になります。

おすすめの記事