クーデターによって引き起こされた軍隊に対するミャンマーの市民的不服従の抵抗は、予想よりもはるかに広範で執拗です。 軍にとっては意外だったようです。 治安部隊による銃撃により、すでに50人以上が殺害されたと言われている。 10年前とは異なり、治安部隊は自由の空気を知っていたに違いなく、彼ら自身またはその家族がShu QiのNLDに投票し、人々に銃を向けることをためらっています。 可能性があるという観察もありました。 しかし、これまでのところ、国の安定のための軍の特別な役割によって指示された彼らの規律と忠誠心は、強く揺るぎないように思われます。

一方、NLD側は、CRPH(政治委員会代表委員会)と呼ばれる委員会を組織しているが、統治機関は設立していない。 CRPHは国際的な承認を得て臨時政府を組織したいと考えているようですが、それはあまり現実的な希望ではないようです。

3月3日付けのフィナンシャルタイムズ社説「ミャンマークーデターへのより厳しい対応が必要」は、激化する取り締まりに対する他国からのより強力な対応を求めているが、私はあまり感銘を受けていない。 特に、彼はCRPHを正統な政府であるかのように扱うことを主張していますが、それは彼らに刺激を与えることに他なりません。 その結果、軍は外国がミャンマーを分裂​​させようとしていると解釈し、かつてないほど激しい弾圧に着手する危険さえあります。

社説は、軍事および軍事企業に対する的を絞った制裁を主張しており、これは治安部隊の暴力を阻止するのに何らかの効果をもたらす可能性があります。 しかし、状況を正常化するためには、最終的には何らかの政治的妥協が必要になります。 スー・チーを排除しなければ、妥協はおそらく実現しないでしょう。 国民の間での彼女の人気は圧倒的に高いが、彼女が選挙に敗れたという理由だけで軍が彼女をそれほど危険にさらす必要がある理由は明らかではない。 しかし、過去5年間試みた後、彼女と軍隊は成功しなかったようです。 軍は彼女を釈放することはできたが、政治的復権を認めなかった。

そのような妥協を形成するのを助ける外国は、本質的にASEANであるべきです。 3月2日のASEAN外相会議の議長声明(ミャンマーから軍政が任命した外相が出席)によるミャンマー情勢の声明はラフであるが、コンセンサスを形成するのが難しい状況を反映している。 がある。 しかし、会談中および会談後、シンガポール、マレーシア、フィリピン、インドネシア(ASEANの4つの民主主義国)の首相または外相は、ミャンマーの民主主義の後退を懸念し、暴力とスーを止めた。 彼は気の解放を要求するか、クーデターの前に州に戻ることによって彼の立場を明確にしました。 ASEANでなくても、ASEANのボランティア国が建設的な役割を果たす可能性を排除する必要はないかもしれません。

おすすめの記事