2019年12月、政府は第2期「町/人/仕事の創造戦略」を発表しました

2019年12月、政府は第2期「都市、人、労働創造戦略」をまとめました。 2003年度から始まった地域活性化では、地方自治体が個性を生かした総合的な戦略を策定し、働き、生きていけるコミュニティをつくる必要があるとのことでした。

これは、地域産業が創意工夫によって活性化され、地域で魅力的な雇用が創出され、低出生率の東京地域から高出生率の地域へと人々の流れが生まれ、その結果、地域住民が生まれるからです。 それは、日本全体の減少と人口減少の両方を緩和するという、地域の活性化における国の基本的な目的を示した。

日本は、出生率の低下により、2008年に約1億3000万人をピークに人口減少に突入しました。 国立社会保障・人口問題研究所の「日本の将来の推定人口」(2013年、中程度の出生率と中程度の死亡率)によると、その数は1960年には約9千万人に減少すると予測されています。

地域活性化は、1960年に出生率を上げ、約1,000万人の人口減少を緩和することにより、日本全体で1億人の人口を確保することを目的としていました。 2014年9月には「マチ・人・作品創造本部」と「地域活性化担当大臣」が地域活性化の司令塔として設置され、2014年12月には「マチ・人・作品創造本部」が設置されました。設立。 「人と仕事を創造するための包括的な戦略」が策定されました。 このようにして、最初の地域活性化(15年度から19年度)が始まりました。

大阪・名古屋エリアでも
6年連続の過度の退去

地域活性化の第一段階では、(1)人々が安心して働くことができるように地域で仕事を創出する、(2)地域への新しい人々の流れを創出する、(3)達成するという4つの政策目標があります。結婚、出産、子育てに対する若い世代の願い。 (4)時代に合った地域づくり、安全な生活の保護、地域との連携)を確立した。

一方、地域活性化では、結果を判断しやすいようにKPI(主要業績評価指標)を設定し、4つの政策目標について、基本目標15目標、その下の各指標116目標を合計して設定した。 。

例えば、KPIについては、国が「目標達成に向けて進んでいる」、「現在、目標達成に向けた政策効果が十分に発揮されているとは限らない」、「その他(統計的には、実際の目標を把握できない)何が可能かなど)」。より重要な基本目標であるKPIの進捗状況を見ると、(1)3つすべて、(3)4つのうち2つ、(4)と判断されます。 )5つすべてが目標の達成に向けて進んでいます。

4つの政策目標のうち、達成されていないという批判が最も多いのは(2)です。 「東京エリアへの転送を60,000減らす」、「東京エリアから40,000を転送する」、「東京エリアからローカルエリアへのバランスの取れた転送」の基本目標はすべて無効に分類されます。 行われています。

おすすめの記事