過去1年間に、経済産業省から23人もの若い官僚が退職

経済産業省の若手官僚が、過去1年間で23人もの退職者を出したことが明らかになった。 厚労省はこれまでに約15人を辞めたが、これほど多くの退職者は過去に見られなかったようで、その理由は疑問視されている。

同省は霞が関の中央官庁の中で産業・エネルギー政策を担当するエリート官庁であり、国家公務員試験(一般雇用)に合格した者の中から毎年約50人の優秀な人材を雇用している。

転職するのは有利ですか?

入社後20年以内に若くして辞職し、採用担当の事務局は「新たな分野を拡大している民間からの動きが高まっている」と語った。経済産業省に就職した人材を探す。転職者が増えているようだ」と語り、若きキャリアを維持するのに苦労している。 産業界では、IT、バイオテクノロジー、情報通信などの新しい分野のベンチャー企業が次々と増えており、これらの分野からの問い合わせもあるようです。 多くの場合、転職する場所の多くは、職場環境の観点から、省内での治療よりも良いでしょう。

「霞が関​​」のキャリアポジションといえば、国政中心の仕事であるため、中途採用は少ないと思われていましたが、そうではないようです。 特に経済産業省の場合、就職してから次の仕事に就職した成果を生かしたいという人もいるようです。 すべての人が「残業を長くして、国のために頑張る」という特別な考え方を持っているわけではありません。

それでも、国策を担当するために就職したいという夢と希望があったはずなのに、成長した人材がいるので、途中で国民経済が引退するのはもったいないと感じています。立ち去る。 職業は自由に選べますが、経済産業省では中途採用を防ぐための対策を検討する必要があるかもしれません。

あまり人気がなくなったキャリアジョブ

2019年の全国公務員総合(キャリア)就職試験の志願者数を見ると、全国公務員志願者の人気は低下しており、17,295人が最初に2万人を下回った。 過去1、2年、財務省による公文書の改ざん、文部科学省幹部による汚職逮捕、過ちなど、主要な政府機関で次々とスキャンダルが発生している。文部科学省による毎月の労働統計で。 画像が悪いです。 そのせいか、1996年の一般就職試験の受験者数は約45,000人の半分以下にとどまっている。

おすすめの記事