欧州連合(EU)から分離した最初の国イギリス。

1月31日の深夜、英国は欧州連合(EU)を去りました。 EUの前身である欧州共同体(EC)に加盟してから47年後、英国は拡大を続けるEUから分離した最初の国です。 歓声と空虚、不安と希望が混ざり合う出発である「栄光ある孤立」の未来はありますか? 最前線からの報告。

午後11時、ロンドンのダウニング街10番地(首相官邸)の入り口は、英国の旗(ユニオンジャック)の青、赤、白のライトで彩られ、観光名所のビッグベンのイメージが歴史を反映していました。時間。 ..

議会の前の広場で、新しいブレグジット党のリーダーであるナイジェル・ファラージは、「この歴史的な瞬間を祝う」と叫んだ。 英国の旗を振る強硬派の分離派の市民は、EUの設立を規定したマーストリヒト条約の批准からの撤退を求める党首の呼びかけに応えた。

ボリス・ジョンソン首相は本日、イングランド北東部の強硬派分離派の本拠地であるサンダーランドで閣議を開き、「これは終わりではなく始まりである」との表現を強めた。 サンダーランドには、年間50万台以上を生産し、ピーク時には35万台を下回った日産自動車の工場があります。

撤退の原動力となったジョンソン首相の下に来た地元の政治家の中には、南へ車で約40分のティーズバレーのベンハウチェン市長(33歳)がいた。 ホーヘン市長はティーズバレーで生まれ育ち、彼の父方の祖先は1820年までこの地域に根付いていました。

ティーズバレーはロンドンから地下鉄または電車で4時間以内です。 地元の空港を再宣伝し、ロンドン、ダブリン、ベルファストなどの7つのルートを開通し、空港駅の改善に着手した非常に忙しいホーヘン市長は、2回のインタビューを受けました。

この日、ようやく3度目の電話でキャッチできました。 当初、若い市長は「ブレグジットは地元の人々にとって素晴らしい機会です。それは新しい夜明けの始まりです」と叫びました。

ジョンソン政権のトランプカード
Freeportコンセプトへの期待

石炭と鉄鉱石の産地に近いティーズバレーは、19世紀から製鋼業で繁栄し、ピーク時には年間1,000万トンの石炭と鉄鉱石を飲み込み、350万トンのスラブと鉄製品を吐き出しました。 造船と化学も強く、1970年代初頭まで工場労働者でにぎわっていました。 旧工業地帯の人口は70万人です。 工場は影もなく閉鎖され、シャッタータウンが広がっています。

ホーヘン市長はジョンソン首相が町を復活させると述べ、地元の人々でさえも「私は仕事に戻るつもりだ」と言った。 「私は生きていません。ただ存在しているだけです。」 マニフェスト(政府の誓約)で採用された秘密の方針があります。

アイデアは、港とその周辺を、関税や付加価値税(VAT)のない無料の港とフリーゾーンにすることです。 それは新しい産業を創造するために外資を引き込み、EUだけでなく北アメリカ、南アメリカ、アジア、オーストラリア、そして連邦加盟国をティーズバレーと接続するための壮大な概念を描きます。

これはジョンソン政権のトランプカードである可能性があり、今後3年以内に自由貿易協定(FTA)の下で総貿易額の80%をカバーする戦略を持っています。 フリーポートは、一言で言えば、国に「オフショア特別工業地帯」を設立するという考えです。

おすすめの記事