英国と日本のブレグジット後の価値共有。

2月8日、ラーブ外相が訪日した際に、第8回日英外相戦略対話が行われた。 会合は、英国と日本がブレグジット後も価値共有パートナーとしてインド太平洋へのグローバルなリーダーシップとコミットメントに協力し続けることを確認しました。 この議論に照らして発行された共同プレスステートメントの最初の段落は次のように述べています。

「日本と英国は私たちの最も親しい友人でありパートナーです。今日、私たちは気候変動に取り組み、新技術の可能性を安全に活用し、地域の安全、持続可能性、独立性を維持しています。私たちは協力して、社会開発の促進、自由貿易の強化、ルールに基づく国際システムと民主主義および人権の擁護。インド太平洋への自由で開かれたコミットメントと、善を促進する力としてのグローバルな英国の英国のビジョンについて議論した。」

経済的パートナーシップは、EUを去った英国にとって最優先事項です。 英国がEU加盟国であったときのように、日本が英国との経済関係を維持することは有益であろう。 「私たちは、日英経済連携協定(EPA)を日英間の将来の経済連携の基礎として使用するという過去のコミットメントを再確認しました。自由貿易へのコミットメントに沿って、私たちは新しいパートナーシップを結んでいます。日・EU EPAは、高い水準で相互に利益をもたらすよう迅速に取り組む」と述べた。

経済分野では、英国のTPP11への加盟の問題もあります。 英国は2018年からすでにTPP11への参加に関心を示しています。英国がTPP11に参加することの重要性の1つは、TPP11の観点から、世界のGDPに占めるTPP11の割合が現在の13〜14%から17%に増加することです。 これにより、TPP11の影響が増大する可能性があります。 もう1つの大きな重要性は、インド太平洋に対する英国の取り組みが大幅に強化されていることです。 TPP11への加盟には他の加盟国の承認が必要であるため、紆余曲折があるかもしれませんが、いずれにせよ、日本は2018年以来一貫して英国の加盟を支持してきました。共同プレス声明はまた、包括的かつ高度な合意に対する英国の関心を繰り返しました環太平洋パートナーシップについて。 日本は英国の関心を歓迎し、この文脈での英国の支持を再確認した。 と言われています。 英国はまた、米国、ニュージーランド、オーストラリアとの貿易協定を求めています。

インド太平洋への英国の取り組みは、経済学を超えて、安全保障の分野で大きな進歩を遂げました。 日本やオーストラリアとの安全保障協力を強化するとともに、フランスなどとの「航行の自由」を実施しています。 2018年以降、6隻の英国海軍船が北東アジアに派遣されました。 また、空母を太平洋に派遣する計画もあるようです。

英国は、海上貿易国として、航行の自由の国際ルールを遵守することが極めて重要であるため、インド太平洋における軍事的プレゼンスを高めています。 共同記者発表では、「南シナ海と東シナ海の状況に懸念を表明し、現状を変えて緊張を高める一方的な行動に強く反対した。また、南シナ海法に強く反対した。行動(COC)。)1982年の国連海法条約(UNCLOS)に反映された国際法と一致しており、航海と飛行の自由を確保し、の権利と利益を損なわないことが重要である。南シナ海を利用する利害関係者。私は性を強調した。」

もう一つの理由は、この地域には多くの英連邦諸国があり、それらとの関係を強化するという英国の意図が考慮されていることです。

EUを去った英国は世界的な英国を育てますが、多くの困難に直面するでしょう。 このような状況下で、インド太平洋への英国のコミットメントを強化することは、日本のインド太平洋イニシアチブを奨励し、日本と英国の両方に利益をもたらすでしょう。 進捗状況を監視します。

おすすめの記事