動的価格設定が横行する中国社会。

2019年4月、映画「アベンジャーズ:エンドゲーム」が中国で公開されました。 史上最高の興行収入を記録したこの映画は、中国でも非常に人気があり、前売りチケットを予約するだけで興行収入は7億7000万元を超えました。 しかし、発売と同時にチケットの値段も話題になりました。 大都市で最速の上映の前売りチケットは平均300元で、通常価格の数倍でした。

しかし、中国ではお金で解決することが日常茶飯事で一部の映画ファンは不満を言ったものの、怒りはあまり広がらなかったようだ。

たとえば、車両配車アプリ「Didi Chushin」には、ボーナスという機能があります。 朝夕のラッシュアワーや、帰りの客が捕まえられない場所の場合は、配車アプリを使っても捕まえにくい。 この場合、通常料金以外のボーナスをお支払いいただくことで、優先的に発送させていただきます。 「50人待ち」など落ち込んでも、一気にお金で故障してしまうのは爽快です。

これらの事例を見ると、中国の他の多くの企業が動的価格設定をしているようです。 ただし、上記以外に、企業が直接紹介した航空券の例はごくわずかです。 一方、価格変動が大きい様々な商品やサービスを購入することができます。 アリババのECサイト「淘宝網」やクーポンサイト「メイトゥアン」などの外部サイトの存在感が高まっている。

自社サイトで大幅に値下げすれば、定価で購入した人から批判されるが、外部サイトで販売すれば、そのような批判を受けるリスクは少ない。

中国では、このような外部サイトを通じた動的な価格設定によって、需要と供給のバランスが効果的に保たれています。 その理由は、中国社会特有の「事情」によるものです。

改革開放後、中国には市場経済が導入されましたが、長い間、すべての資源が不足していました。 資源を配分する最良の方法は価格設計であり、それは価格を上げることによって圧倒的な需要不足を調整する歪んだ市場経済を生み出しました。 一方、建前は社会主義のままです。 そもそも、事業自体が最初から値上げすると批判されるリスクがあります。

最近でも、コロナウイルス性肺炎の問題でマスクを高額で販売していた薬局は、北京市から300万元の罰金を科されました。 日用品に関しては、政府は不道徳とみなされた場合、それらを罰することがあります。 需要と供給に応じて価格を大胆に変更する完全な市場経済は、データの大国としても、中国にとって依然として困難です。

おすすめの記事