2020年1月3日、トランプ大統領から許可を得た米軍は・・・

2020年1月3日、トランプ大統領の許可を得た米軍が、イラクの首都バグダッドでイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害した。 その報復として、1月7日、イランはイラクの米軍基地にミサイル攻撃を開始した。 10発以上のミサイルが米軍基地に着弾しましたが、幸いなことに、米兵は事前に避難しており、殺害も負傷もしていませんでした。 トランプ大統領は、米国とイランの間のある種の計算された対立で、米軍の無死を「勝利」と呼び、マイク・ポンペオ国務長官は「ソレイ・マニの殺害後、米国はより安全になった」と述べた。 「しかし、米国もイランも本格的な戦争をする気がないとしても、両国間のさまざまな報復のリスクが高まっていると言えます。

報復の手段の1つはイランの核開発計画です。 ソレイマニの殺害後、イランは「2015年核合意」が核開発の制限を解除したと述べた。 そもそも、イランの核兵器を阻止する意図でイランの核合意が調印された。 それは、イランの核兵器につながるウラン濃縮活動に対する厳格な制限のバランスと結びついており、代わりにイランに対する経済制裁を解除した。

2018年5月の核合意からのトランプ政権の撤退により、イランはバランスが崩れ、ヨーロッパは米国の圧力のためにイランに経済的利益を与えることができませんでした。 彼は、彼が課した核開発の制限を撤回するという声明を発表した。

問題は、実際、イランが20%濃縮ウランの生産を開始するかどうかです。 ウラン濃縮を90%以上に増やすことは核兵器の原料となるが、20%濃縮が達成されれば、90%以上の濃縮は技術的に難しいことではない。 したがって、20%の濃縮は、核兵器を生産する意図の1つの指標と見なされてきました。

しかし、イランは、原子力協定が原子力開発の制限を解除したと述べている一方で、IAEA(国際原子力機関)の検査官がイランに留まることを引き続き許可している。 ザリフ外相はまた、トランプ大統領が政策を変更し、制裁を解除した場合、核合意の条件に戻ると述べた。 また、必須の20%濃縮ウランの生産を再開するとは述べていません。 これは、イランが核合意を完全に放棄していないことを示しています。

イランは核問題に対して強気な姿勢を示しているが、具体的な措置を講じているようであり、核合意への追悼の鐘を鳴らしたとは言えない。 これは、ウラン濃縮が急速に進むと、米国とイスラエルからの強い反対につながるという事実に一部起因している可能性があります。 2015年に核合意に達する前に、米国とイスラエルはイランの核施設への攻撃を真剣に検討していました。 当時、「ブレイクアウト」という言葉が使われていました。 「ブレイクアウト」とは、核合意の前に、1つの核兵器を製造するのに必要な高濃縮ウラン(以前は約25 kgと言われていました)の90%以上を生産するのにかかる時間です。 2〜3ヶ月かかると言われ、米国、特にイスラエルはイランの核兵器が近づいているという危機感を抱いていましたが、核合意により約1年、そして今ではイランの核兵器にまで拡大しました。 兵器は停止したと考えられていた。

今回、濃縮活動の規制から外せば、「ブレイクアウト」は再び短縮され、米国とイスラエルがイランの核施設を攻撃するリスクが高まる可能性がある。 しかし、大統領選挙に先立ってトランプがイランの核施設を攻撃する可能性は低く、イスラエルが攻撃を望んでいたとしても、トランプは停止するでしょう。 イランは、核合意から完全に撤退することなく、そのようなリスクを回避し、核開発を拡大するというカードで米国とヨーロッパを揺るがすことが期待されています。

おすすめの記事