ジュネーブで世界知的所有権機関WIPOの事務局長選挙が行われる

WIPOは、国連の専門機関の1つであり、192の加盟国があります。 これは、知的財産権に関する国際規則を策定し、国際特許を運用および管理し、知的財産保護に関して新興国および発展途上国を支援する国際組織です。 6年間のWIPO事務局長の選出は、83の加盟国で構成されるWIPO調整委員会の投票によって決定されます。 日本政府は3月のWIPO事務総長選挙で、WIPO特許協力条約(PCT)法務国際局長の夏目健一郎氏を次期事務総長候補に指名したが、中国また、候補者を指名しました。 そして、それは米国で波紋を引き起こしています。

1月15日、米中は米中貿易戦争の休戦協定と呼べる「第1段階米中貿易協定」に調印した。 米中貿易協定が成立するまでの交渉では、知的財産権の保護など、さまざまな問題が議論されました。 米国側は、中国の産業スパイによる米国企業の機密情報の盗難、サイバー攻撃など、中国のやり方に抗議している。米国の知的財産権を保護するための協力を要請した。 メディアの報道によると、中国は知的財産権のより強力な保護を約束しており、「第一段階の米中貿易協定」は当面達成された。

このような状況下、米国では、中国人が世界の知的所有権を扱う国際機関であるWIPOの長になるのはどういうことかという声が上がっています。 1月31日の時点で、ワシントンポストのコラムニストであるルーギン氏は、中国人をWIPO書記長に任命することは銀行強盗のようであり、知的財産権の保護を損なうと述べた。 持って来ると主張した。

また、2019年12月14日付けのトランプ大統領への手紙の中で、超党派の上院と上院の4人のメンバー(アーカーソンの上院議員トムコットン共和党員、ニューヨークとカリフォルニアの上院議員チャックシューマー)が共同で上院議員ジミーパネッタと共和党上院議員マイクによって指名されました中国主導のWIPOであるウィスコンシンのギャラガーは、米国の経済的安全を脅かし、知的財産権と世界基準を脅かしています。 私はそれがあり得ると警告した。

Rouginは社説で、中国がWIPOを支配するようになった場合、知的財産に関するすべての基本情報は、国際特許制度の基礎となる中国政府に直接送られると述べました。 信頼が失われることを警告します。 Rouginによれば、中国は世界のためではなく、それ自身の利益のために、あるいは中国の世界支配のために国際機関を利用している。 過去のいくつかの具体的な例から明らかですが、ここでは1つだけリストします。

たとえば、2015年には、中国が国際電気通信連合(ITU)でトップの座を獲得しました。 それ以来、ITUは、中国の「一帯一路」イニシアチブの推進や中国の通信大手Huaweiの保護など、北京との協力を大幅に強化してきました。 また、国連経済社会局長は中国の高官であり、「一帯一路」構想を推進し、中国政府と協力して「ビッグデータインスティテュート」を中国に設立しています。

日本は、中国が国際機関の事務総長を多数とろうとしていることを理解しなければならず、それをとった後、中国の利益のためにそのポストを利用している。

国際公務員は通常、所属する国際機関の利益のために働く者であり、出身国の利益を拡大しようとすることを控える必要があります。 そのような中立性が必要です。

中国はまた、国民に国際公務員になるよう要請し、彼ら自身の利益を増やすよう要請するのをやめるべきである。 そんなことを中国に明示的に要求することは可能かもしれないと思います。

この問題は、米国、ヨーロッパ諸国、日本がこの問題を認識し、対処方法を議論するための良い情報源のようです。 当面は、日米欧がWIPOでの協力を強化し、中国と競争する方がよいでしょう。 日本には夏目がありますが、ワシントンポスト紙は米国がシンガポールを推進していると報じています。 日米両国が協力し、どこかで交渉し、中国の候補者がWIPO事務局長に任命されるのを防ぐことができれば素晴らしいと思います。

おすすめの記事